オーストラリア、シドニーでの『ライフ』をブログに。
♡LOVE GOD LOVE PEOPLE LOVE LIFE♡
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
コンバンワ。
今日は朝から仕事で、その後日曜日の礼拝のリハに直行して
それからすぐに映画を見に行った・・・パンパンな1日でした。

パイレーツ・オブ・カリビアンを見てきました☆
個人的にはとっても楽しめたかな。
メチャクチャ良い席だったし、映像がきれいだったし
ジョニー・デップの演技がおもしろかったし、オチが
笑えたし。確かにキモい部分もたっくさんありましたが。


さて本題は360°リーダーの第3弾です。

今日はリーダーシップのカン違い『その6』
トップリーダーじゃなければ、自分の可能性は引き出せない!?

The Potential Myth: "I can’t reach my potential if I’m not a top leader."

Many aspire to be the top leader—“I want to be the president, CEO, etc”—yet the reality is that most people will never be the top leader.
People should strive for the top of their game and not the top of organization. We should work to reach our full potential not the top position. Sometimes you can make the greatest impact from somewhere other than first place. A good example of this is Vice President of USA. He had an excellent political career, which was good enough to run for president yet knew that top position is not his best role. He was a person who could work anywhere and had a great way of fitting in and working his environment. He is a 360 degree leader—someone who knows how to influence others from whatever position he finds himself in.

多くの人はトップリーダーになりたいと願う。
「大きくなったら大統領、社長になりたい」 と夢見るかもしれない。
しかし、実際にトップリーダーになるのは一握りの人たちである。

私たちは自分の可能性を最大限に使う事を心がけるべきであって、ただ偉くなろうと
頑張るべきではない。自分のポテンシャル(能力)を伸ばすことに努力をするべきであって
地位を得ることに努力するべきではない。大きなインパクトを与えることができるのは
地位とは関係ない。

このことの良い例は現在のアメリカの副大統領だ。彼は政治家として素晴らしい経歴の
持ち主だった。彼自身が大統領に立候補してもおかしくないほどだったにもかかわらず、
一番上のポジションは自分の召しではないということを知っていた。
彼の同僚は彼について「どんな状況でも、どんな環境でも順応して働ける人」と話している。彼はどんなポジションに就いてもまわりに影響を与えていける360°リーダーの素晴らしい例だ。


つばさがシェアしてくれたこと

チームのトップリーダーにならなければ、自分の可能性に到達することができないというのは全くの勘違いである。人にはそれぞれ個性があるがゆえ、必ず向き不向きな面を持っているのだ。

確かにスポットライト を浴びてリードしている人は可能性にあふれているように見えるかもしれない。でも、それを支えている優れた可能性を持ち合わせた隠れた存在がいることを忘れてはいけない。彼らにはもしかしたらスポットライトが当てられることはないかもしれない。でも、その働きは確かにそのチーム全体にすばらしいインパクトを与えているのだ。 彼らの存在なしではスポットライトの下にいつもいるトップリーダーすらうまく機能することは出来ないのだから。

今、私達が出来ることは与えられている仕事をどんなに小さなことであっても忠実にすること、そして自分なりのリーダーシップをそこで確立することによって、そこからすばらしいインパクトをチームに与えることだと思う。トップリーダーの行動だけがチーム全体を左右するということ自体が勘違いであり、チームの一人ひとりがそれぞれのポジションで自分の可能性を見出すことが、そのチームにおいて最大のステップアップの原動力になりうるのではないかと思う。私達一人ひとりの中にある可能性も今のこの瞬間でさえもそれを開花させる機会を待ちわびているのではないだろうか。

It is a misunderstanding that if you are not the top leader, you can’t reach your full potential. Everyone has their own uniqueness and therefore not all people are good at everything. Some things you excel more than others and vice versa. Those who are under the spotlight might seem as if they have reached their potential, but you can’t forget the works of those behind the scenes supporting the top leaders.
The work behind the scenes may go unnoticed, but without the contribution of these people, the top leaders will not be able to function as well as they do. Their contribution influences positively to the whole team.

What can we do then?
We can be faithful in what we have now no matter how small or big the tasks are and practice our leadership where we are at. It is not only up to the top leaders to impact the team, but it is for every single person on the team who finds their potential in their given position. This will be the key force for the team to move forward onto a new level.
Our potential within us is waiting to be unleashed.

--------------------------------------------------
今日は5人ぐらいの人がサマリーの後で
思ったことをシェアしてくれたんだけど

自分が偉くなった時に見えないところで働いてくれている、
縁の下の力持ちへの評価&感謝を大切にしたい。とか

メグは、1年生のときカメラアシスタントとして全く
目立たない奉仕をしていたけれど、あるとき
ダーリーンが彼女に目を留めてくれて
「good job!」と褒めてくれたことをシェアしてくれて
影でミニストリーを支えている人たちに
ダーリーンは気を配ることができる素晴らしいお手本ハートということを語ってくれました。

今日の話をまとめると、

「私たちは自分の可能性を最大限に使う事を心がけるべきであって、
ただ偉くなろうと頑張るべきではない。

自分のポテンシャル(能力)を伸ばすことに努力をするべきであって
地位を得ることに努力するべきではない。

大きなインパクトを与えることができるのは
地位とは関係ない。」ということですグッド
スポンサーサイト
ページトップへ コメント3
リニューアル
2007-05-28-Mon  CATEGORY: ダイアリー
最近ブログのテンプレートの模様替えをしています。
こちら南半球ではかなり寒くなってきたので
涼しげなバックからもう少し暖かそうな+そして見やすい
テンプレートを探しています。

つい最近使っていたブラウン系のバックは
英語のフォントがすごく好きじゃなくて
とりあえずこのテンプレートにしていますがまだ探し中。

フォントはすごく気になるほうで、
カレッジのアサインメント(宿題)はTimes New Romanという
つまんない字体で提出しなければいけなかったのですが
自分のアサインメントがあの字体で書かれていることが許せなくて
いつもarial で出してました。(減点はなかった☆)

しかし、テンプレートを選びながら思ったのですが
チョイスが多いの何の!!!

本当に何百種類もあって、そこから自分が好きなものを
見つけるのは至難の業。

そんなに沢山チョイスがなければ人生はもっと簡単になるのになぁ。

ページトップへ コメント2
前回に引き続き第2回目。

リーダーシップにおけるカン違い
その4(その3は来週):社長になったらすべて上手くいく!?


ここにいるほとんどの人にはリーダーがいる。
こう感じた事がありますか?

「私がリーダーだったら全然ちがうやり方をするのに汗 とか 
「私・僕だったらもっと上手く出来るのに・・・」とか思うことは簡単。

ちょっとネガティブに聞こえるけど、こういった思いを持つことは必ずしも悪い事ではない。アップロードファイル

「自分がリーダーだったらどうするか・・・」と考えられるのは
あなたにリーダーシップがある証拠です。グッド

でも良くない点もある。
それは「自分がリーダーになったら全てもっと上手く行く」考えている事。

自分にポジションが与えられるということは
責任も多くなると言う事だし、それだけ問題もチャレンジも大きくなる。

だから「自分がリーダーになったら・・・」と思うだけではなく
今いる所でどんな貢献が出来るか考えよう。
ポジションがなくても貢献はできる!

リーダーシップ=「影響力」。
自分に与えられている才能、賜物、今いるポジションで
どんな影響力が与えられますか?

----------------------------------------------------
カン違いその5:社長になったら自分は自由になれるキラ
Myth 5 : When I get to the top I’ll no longer be limited


Many think gaining title, position, power = freedom+"I can do
it MY way (whatever I want!)"!! People think "When I am the
boss, everything will go great and run perfectly…"

多くの人が役得、地位、力を得たら自分の好き勝手にできると思いがちです。「社長になったら、自分の自由にできて全ては上手く行くに違いない!」

WRONG!! それは大きな間違い!!

You will always have limits no matter what position you are in. どんなポストについても完全な自由はありません。

As you move up in an organization, your responsibilities increase. 偉くなればなるほどあなたの責任も大きくなります。
More is expected, more pressure, impact of your decisions make a big difference.
そして沢山のものが要求され、プレッシャーもかかってきます。あなたの選択が大きな影響をもたらします。

Eg) 例)
1.A sales person (who is beginning a career)—as long as you do what is asked or required, you are fine. You don’t have much responsibility or pressure.
営業の平社員(新入社員)?自分の命令された事さえすればあとは比較的楽。プレッシャーや責任もそんなにはない。

2.If you are a sales manager (営業部長)and overseeing 6 people, then on top of your responsibility and tasks, you need to look after (train, encourage, confront, etc to maximize their potential) these people. You have more pressure because there is sales norm to meet, profit to create…

でも営業部長に昇格して6人部下がいるとします。そうしたら自分の仕事の他に彼らのケアもしていく必要があります。(例えば訓練したり、励ましたり、叱ったり→彼らの発展のために)
また、営業のノルマや利益をださなければいけないというプレッシャーもあります。

3.If you are a division manager (事業部長), the demands will be even higher. You have to work with different departments (and their problems, culture, skill). If you are a good leader then you would spend time and connect, find common ground, empower so they can succeed. This means you have even less freedom for yourself.

次に事業部長に昇格したとします。営業部長よりも多くのことを要求されます。自分の仕事、部下の他に違う部署(そして彼らの問題、文化、スキルなど)とも関わっていかなければいけません。もしあなたが良いリーダーなら、彼らの成功のため時間を共にして彼らと関わり、共通点を持ち、自信をつけます。ということは自分は全然自由にはなれません。

Maxwell uses a diagram to explain “rights” and
“responsibilities”. The higher your position is, the less rights and more responsibility you have.
マックスウェルは責任と権利の表を載せていますが、
重要なポストにつけばつくほど、また昇格すればするほど自分の責任は大きくなり、自由が少なくなる(rights)/好き勝手に出来なくなるということを説明しています。


360diagram.jpg
最近の写真
2007-05-21-Mon  CATEGORY: ダイアリー
最近とった写真を公開!

まずは今日の写真から。
今日は最近婚約したY&YカップルとWデートでした。ダブルハート

シドニーでお気に入りの場所のひとつ
ワットソンズベイに行ってまいりました。

 2couples.jpg
顔が暗くて見えないけど・・・


yoshiyayoi.jpg
ステキな夫婦になるね。ハート


sky.jpg

水平線がバッチリ見えます。

わたしたちが5年前にシドニーに旅行に来た際
地元の人に勧められて来た場所がここ。
その時からかなり気に入って
リラックスしたい時はここに良く来ます。

半島の先端なので左側には太平洋
右側はシドニー湾(シティ&ハーバーブリッジ)が見えて
特に夜は夜景がきれい。

ここは有名なシーフード、ドイルズの本店があることでも有名。
とってもムードがいいし、美味しいですアップロードファイル

そしてお次の写真は・・・

sukiyaki1.jpg

家ですき焼き大会!

このまえコネクトグループですき焼きをしたのがきっかけ。
わたしの職場の近くに韓国のお肉屋さんがあって
すき焼き用のお肉はプルコギ用のお肉で代用できるらしく
そこで調達。メチャクチャ美味しかった?。しあわせ。アップロードファイル 

sukiyaki2.jpg


次はライカート。
イタリアンチョコレート(どろどろでチョコプディングみたいな感じ)
を飲んで(食べて?)きました。
italianchoco.jpg


このお店ではフォッカチャが美味しかった。
ベジタリアンフォッカチャ$4なり。
leichhardt.jpg



ボンダイで食事をしたとき。
bondi2.jpg


bondi1.jpg


girls.jpg
 キュートな2人

ayashii.jpg
 
怪しい2人(ウソ)アップロードファイル

こうやってみると結構色んな所に行っていますね?アップロードファイル 
行動範囲はかなり広いほうです☆

ページトップへ コメント0
アップロードファイルまたまたアップを怠っていました。絵文字名を入力してください

知らないうちにブログ機能がどんどん良くなってます。かわいい絵文字も
もっといれられるようになりました。ハート (でもちょっとメンドクサイ)

さて じゃぱさのワーシップチームは
「ただ楽器が弾けるバンド」にならないためにも
リーダーシップのお勉強をはじめました。
使う本は 360°リーダー by ジョン・マックスウェル

360degree


この本は大きく分けて6つのセクションからなりたっていて

その1 リーダーシップについてのカン違い(勝手に訳した)
その2 リーダーシップのチャレンジ
その3 リーダーシップの法則?上のリーダーに影響を与える
その4 リーダーシップの法則?同じレベルのリーダーに影響を与える
その5 リーダーシップの法則?下のリーダーに影響を与える
その6 リーダーシップの価値

先週はその1 についてのお話。
2人がまとめをしてシェアしてくれました。
持ち時間が1人5分なんだけど、2人ともすごく情熱を持って語ってくれたし、ちゃんと用意してまとめて5分以内に収めていたので とっても感心!グッド

簡単にまとめると

多くの人は、効果的にリーダーシップをとるためには、地位や役職(タイトル)が必要だと思っています。それは、全くの間違い。
リーダーになることは、単に「影響力を発揮する人」になるということだからです。

リーダーシップには、5つのレベルがあります。
地位(Position):人は、従わなければならないからあなたに従います。
関係(Relationships):人は、従いたいからあなたに従います。
生産(Production):人は、あなたが組織にしたことを見て、あなたに従います。
再生産(Reproduction - 私たちが目指さなければならないレベル):人は、あなたがその人にしてくれたことを見て、あなたに従います。
尊敬(Respect): 人は、あなたの人間性やあなたが映し出すものを見て、あなたに従います(例えば、ブライアン・ダーリーン)

問題は、自分の考え方です。すごいことをするためにはあの地位にいなければならないと考えるか、今自分の手の中にあるものから始めようと考えるか。どこにいようと、私たちは影響を及ぼすことができます。人は、あなたのことを見ているものです。

僕自身も、大きな葛藤(かっとう)がありました。僕は、あまりリーダーシップをとりたいと思わなかった(それは、失敗が恐かったから・・・)。でも、今は、自分には影響力があるから自分がリーダーである、ということが徐々に分かってきました。自分自身に対して、家族に対して、友だち、職場の同僚、教会の人たちに対して・・・望もうと望むまいと、僕には影響力があるんです!

問題は、自分自身に地位があるかどうかではなく、自分が他の人の人生にどのような影響力を発揮するのか、ということです。プラスのもの、それともマイナスのもの?これこそ、私たちに与えられた、たった一つの、そして、とても力のある選択なのです。僕は、神さまが計画したとおりの人生を他の人が歩めるよう助けたいし、他の人に模範を示したい。これは、実践的には、次のようなことを意味していると思う: (御言葉や祈りの生活を通して・・・)神さまと親密な関係を持つこと、楽器を練習すること、ステージ上だけでなく個人的な時間においても神さまを賛美すること、さまざまな点でバンドが向上できるように貢献すること、良かったこと・改善が必要なことを伝えること(チャートをもっと良く覚えて、もっと正確に引くこと)、必要なときにいつでもそこにいること・・・僕はまだまだ旅の途中にいて、どうしたらプラスの影響力を発揮できるのか学んでいかないといけない。

繰り返しになりますが、私たちはみなリーダーであり、リーダーとしての責任を担っています。問題は:「自分は、プラスの影響力を発揮したいか、それともマイナスの影響力を発揮したいか?」です。

----------------------------------------------------------
アップロードファイル素晴らしい!!!次はもう一つのまとめ

「いつか重要なポジションについたら、リーダーとしての自覚が持てるだろう・・・」というカン違いについて


リーダーシップはポジション(地位)が与えられたときに始まるものではないんです!効果的なリーダーシップは長い時間をかけて育まれるもので、プロセスです。

リーダーとして偉大なことをしていくためには、許容力(キャパ)を広げることが必要。でもその前に、小さなことにも忠実でなければいけないよね。最善を尽くして自分に与えられていることをしよう!

高くて強い建物をたてるにはそれを支える強力な地盤が必要。
間違いをおかすことを恐れたり、訓練中にリスクをとらないでいてはダメ。

小さなポジションでおかす間違いは簡単にゆるされるけれど、ポジションが高くなればそれだけ間違いによる結果も重大になる。だから自分のいる場所でリスクを取っていくことが大切。

偉大なリーダーになることを願っているならば自分の考え方を変えていく必要がある。また偉大なリーダーになるためのくせをつける必要がある。偉大なリーダーになるということはまず、ポジションをもらう前にリーダーと自覚して行動していくということ。

だからジャパサはとっても良いトレーニングの場所なのだ。

--------------------------------------------------------------

この後にディスカッションが続きました。
みんな、さすがヒルソングチャーチでリーダーシップを
叩き込まれているだけあって
交わされるディスカッションも内容が濃かったです
ページトップへ コメント3
未知の世界
2007-05-02-Wed  CATEGORY: ダイアリー
わたしが「好奇心旺盛」なのは自他共に認める事実。

言葉がしゃべれる様になってすぐに覚えたフレーズは
「あれ、何?」
「これ、何?」(←これって普通?!)

小学校4年生の社会の授業で日本の伝統工芸を勉強しました。
輪島漆器の勉強をしていた時、先生に簡単なレポートを提出してくださいと言われて、石川県の輪島漆器職人さんに直接電話して
突撃インタビューをしたのを覚えてます。(確か5件ぐらい電話したはず・・・)どうやって電話番号をゲットしたのかは謎です。

ちなみにその突撃インタビューをしっかりテープで録音しておいて
後でそれを文字におこしたのは言うまでもありません☆

わたしの夫もなかなか知的好奇心旺盛な人。
分野によってはわたしのはるか上を行きます。

何歳になっても未知の世界と言うのは存在するもので
今まで聞いた事も見たこともなかった!っていうようなことも
まわりにはいっぱいですよね。
(知らないほうがいいこともたくさんあるけど)

つい先日は
「ランドマーク・エジュケーション」について知りました。
この団体は自己啓発のセミナーをしていて世界中にあります。
もちろん日本にも、オーストラリアにも!

セミナーはだいたい泊り込みで3日間ぐらいあって6万ぐらいするらしいです。

仲良い友だちがそのセミナーに参加したようで
その内容を教えてくれました。

ちなみにその友だちはセミナーの内容には全く同意できなかったようです。

そのセミナーのキャッチフレーズは
「このセミナーを受講すればよりよい人生が歩めます。
人間関係(親子、夫婦、ありとあらゆる人間関係)が
プラスの方向にむかいます。仕事場での印象もよくなります。」といった自己啓発セミナーにありがちなもの。

3日目にセミナーでの最終結論が出ますと言われ、それは一体何かと思いきや・・・?「人生は無である。」

うっそ???

6万払って
最終的にたどり着くのがそれ????


びっくりしました。

それに比べてチャーチは無料で、
ランドマークエジュケーションも真っ青になるような
人生が変わってしまうメッセージが毎週聞けます。
自己啓発に興味がある人は是非セミナーではなく
教会に行きましょう!!!!!!!!!!!!


ページトップへ コメント0
<< 2007/05 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 ♡LOVE GOD LOVE PEOPLE LOVE LIFE♡. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。