オーストラリア、シドニーでの『ライフ』をブログに。
♡LOVE GOD LOVE PEOPLE LOVE LIFE♡
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
360度リーダー チャレンジ6:ビジョン
2007-08-28-Tue  CATEGORY: 360度リーダー by ジョン・マックスウェル
今日のリーダーシップスタディをアップしておきます!
特にJAPASAワーシップチームにいる日本人の皆さん読んで勉強してね☆

今日はチャレンジその6
ビジョンに対してのチャレンジです。

今はヒルソング・チャーチの主任牧師からしっかりとした
ビジョンを与えられているけれど、将来自分の教会やミニストリー、会社などを持ったら今度はあなたがそこでしっかりとしたビジョンを掲げていかなければいけないのです!
今日のスタディはそんな「将来」に向けての準備になるかもしれませんぞ!

2007年8月28日
「360°リーダー」からのサマリー
チャレンジ その6
ヴィジョンのチャレンジ:他人のビジョンを支持するのは難しい!?

この問題を乗り越える秘訣:
与えられたビジョンに自分を注ぎ込めばこむほど、そのビジョンは自分のものとなっていく。

リーダーがVisionに対しての協力を求める時、人々はそれに対してどのような反応をするか??

?批判、妨害する
Visionがつくり出された時、全ての人がそれに賛成するとは限らない。
なぜ価値あるVisionを認めることができないのか・・・・。

*Visionをつくる手伝いをしなかった
人は何であれ、自分が所有しているものは大事にし、世話をする。
Visionをつくることに参加することによって、それに対しての責任感も増える

*Visionを理解していない
Visionをいくらはっきり語ったとしても、それが全ての人に同じようにはっきりと伝わっているとは限らない。DePreeという人は、“小学校3年生の先生になったつもりで、ビジョンを何回も何回もリピートしてみんなが理解するまで言い続けなければならない” と言った。色々な
方法で、人々にVisionを伝えなければならない。

*Visionに賛成しない
ある人は与えられたVisionは達成不可能では? と否定的な反応をする。
ある人は「ビジョンが小さすぎる」とか、他の人は「前のビジョンから変わってしまった」と文句をいう。
でもほとんどの場合、実際には人々がVisionに反対する理由は、それを提案したリーダーを信用できていないことが多い。人々がもしそのリーダーを信用していたら、リーダーが見ているVisionを受け入れサポートしてくれるはず。

*Visionを知らない
組織の中にVisionを知らない人がいたり、その組織がVisionをもっていなかったら、得られる結果は不満足や落胆。リーダーたちは同じことをリピートすることを嫌うが、組織の中にいる全ての人にVisionを知らせるためには、何度も言い続ける必要がある。

*自分はVisionを達成させるために必要ではないと感じる
 ・あなたがいてもいなくても、実行します
 ・あなたに手伝って欲しい
 ・あなたなしではできません
↑    ↑
どの言葉が一番人々を励ましやる気をおこさせるか??
最後の問いかけ方が、一番効果的。
自分の役割の重要さと、「自分はVision達成のために必要なんだ!」と 
本当にわかった人は 問題に直面しても頑張り通し、ベストを尽くして働き続けることができる。

*準備ができていない
悲しいことにある人々は感情的、知的また職的にビジョンを受け入れる準備ができていない。
一歩踏み出し、Visionを受け入れること、またそれを実現させることにやる気はあるけれども、まだその能力がないのだったら、訓練されて 能力をのばすことはできる。

?無視する: 自分のことだけしかしない
ある人はVisionの批判をしないかもしれない。でもサポートもしない。
その代わりにVisionが存在してないかのように、自分のやりたいことだけをやる。

?見捨てる
Visionがあなたのやり方と違っていたり、あなたが価値をおいているものと違ったりしていたら、
その組織を去る方がいい場合もある。敬意をもって去ることが一番のオプションであるときもある。その場合、理由が自己中や自我からでないことをはっきりさせておかないといけない。

?適応させる
よい雇用者は、組織のVisionと自分が同じ方向に向かっているように努力する。
Douglas Randlettという人は“中間のリーダーのVisionと トップのリーダーシップとが一致して
いなければ、満足いく結果は得られないであろうといった。この2つが一致する時、組織は満足と成功を得られる。

?支持すること: リーダーのVisionを実現させる
Visionは一人の人から始まるかもしれない。だけど多くの人の努力を通して達成される。ヒルソングでもブライアンは
"Hillsong Church is not build on the gifts and talents of a few
but on the sacrifice of many!"
「私たちの教会は賜物&才能を持った少数の人で成り立っているのではなく、沢山のひとの犠牲によって成り立っている」と良く言う。

“あなたのVision”ではなく、“わたしたちのVision”であるべき。
リーダーのVisionを実現するための働きをすることは360リーダーの反応であるべき。

?価値を置くこと
•リーダーのVisionに対しての最も良いな反応は、そのビジョンをサポートするだけでなく、そのビジョンに価値を見出すこと。それをすることによって、Visionがもっと大きな+素晴らしいものになる。リーダーのビジョンに価値を置くことは決して、他人のVISIONを支持する事ではなく、自分が貢献している自分のビジョンを支持すること。
スポンサーサイト
ページトップへ コメント7
お久しぶり 360°リーダー! 「マルチハット・チャレンジ!」
2007-08-23-Thu  CATEGORY: 360度リーダー by ジョン・マックスウェル
ずっとアップしていなかったリーダーシップスタディですが、
続行しています☆

引き続き第2章のチャレンジについて学んでいます。

チャレンジその3
マルチハットのチャレンジ→「一人で何役もこなすチャレンジ」
副題:“いつ、どの帽子をかぶったら良いかを知り、チャレンジを楽しもう!”

注)英語では役割のことをハット(帽子)と呼ぶことがあります。
だから、一人でいくつもの役割を持つことをマルチハットと呼ぶのです!

我ジャパサでも、ほとんどの人が沢山のハットを持っています。

朝はウェルカムラウンジのヘルパー
そして礼拝中はワーシップチームのボーカル
その後はニューピープル係

カレッジではスモールグループのリーダー
また、コネクトグループのリーダー
そして女性の集会では会場の飾りつけ係。
木曜日はジャパサのアウトリーチでシティへ行く・・・

これだけでも7つハットがあることになります(汗)☆

これらの役割をこなしていく秘訣は・・・

1. それぞれのハット(役割)には、異なった責任や目的がある事を知る。目的が分かると、どんな手段を使って役割をこなしたら良いかが分かる。

2.特定のタスクを成し遂げるために間違ったハットを使わない。
→正しいタイミングで、正しいハットをかぶる


3.ハットを変える時に、自分のパーソナリティーまで変えてしまわない事。

自分が偉いポジションの役割の時は周りの人に偉そうにしたり
自分が下のポジションの役割の時は周りの人にゴマをするなど・・・

例えかぶるハットが変わったとしても、私たちは誰に対してでも一貫した態度を持たなければいけません。そうすれば周りの人々は、私たちがどんな役割/責任を持っていたとしても、私たちを信頼してくれるでしょう。

4.複数の帽子(責任、タスク)が与えられているなら、それを無視しない事。それに対して責任を持つこと。

5. 柔軟性を持ち続ける
複数の帽子を持つリーダーとして心に留めておきたいのは、どのような状況で、どのような帽子をかぶるべきか知っておく事、そしてそれを楽しむ事。その為には、柔軟性をもち続ける事が大切です。
ページトップへ コメント2
人生刺激がなくちゃぁ!
2007-08-21-Tue  CATEGORY: いま想うこと
今日はほんの少しディープなネタです。

わたしはBoringなことがキライ。(好きな人はいないか・・・)
自分なりのBoringの定義は
「いつも同じで、永遠に変化がないこと」
「慣れてしまい過ぎて新鮮味が全くないこと」

Boringなのは一貫性を持っていることとは違う。
また持続性があることとも違う。

一貫性や持続性、それに忍耐や根気強さは
とっても価値があることだと思う。

例えば毎日聖書を読んで、神様とコミュニケーションを取ること。
これはデイリーにしていても全然Boringではない。

毎週火曜日はワーシップチームの練習の日。
雨が降っても、風が強くても 寝不足でも、調子が悪くても
練習の日はやってきます。
これも毎週しているけどBoringじゃない。
毎週欠かせない大切な時間。

じゃあ、何がBoringかっていうと

次に何が起こるか完全に予想できて、その通りになる状態!
それ以上に成長しない状態。
そんな状態に慣れてしまう(麻痺してしまう)心。

教会でも一緒だと思う。
毎週同じプログラムで、同じメンバーで、同じアプローチで・・・って
していたらすこしづつ新鮮さがなくなってくる。
でも同じプログラムをするにしても違うアプローチだったり
ちょっと創造力を働かせたら全然違うものに仕上がるはず。

新鮮さをキープするにはそれなりの努力が必要だと思う。
常に何通りかのアプローチを手元に用意しておかないといけない。

これってヴァイオリンを教える時でも一緒。

全ての生徒に同じ説明の仕方をしてもわかってくれる生徒は限られてくる。それぞれの生徒に合わせて説明も変えていかないと、分からない生徒はずっとわからないまま。
でも先生が怠けていて、新しい説明方法を考えなかったり
違う観点から生徒に分かりやすいように教える意欲がなかったりすると
その先生はずっと同じ説明の仕方を続ける。

私が習った先生は何通りもの説明方を常に持っていてくれた。
わたしが理解できていないのを察知すると他の形で説明してくれた。
それでも分からなかったら実演してくれたりもした。
図で書いたり、たとえ話を使ってくれたりもした。

超有名で有能な先生なのに教えることに対して
常に新鮮さをキープしていた姿勢にとっても感動した。
だから自分も教える時は絶対ワン・パターンじゃなくて
柔軟になろうと肝に銘じていた。

この点、ヒルソングチャーチはとっても刺激がある教会。
毎週何かが新しい。いつも新鮮さが溢れている。
いつも驚かされる。いつも感動がある。
いつも新しい人が来る。そして神様に出会って変えられて教会を
後にする人たちがたくさんいる。

やっぱり人は新鮮さに魅かれるんじゃないかな・・・。
ページトップへ コメント2
Click-- もしも昨日が選べたら?
2007-08-16-Thu  CATEGORY: 未分類
久しぶりに映画をみました。(ビデオだけど)
アダム・サンドラー主演の「クリック」。
51XTYNK6D9L._AA240_.jpg


家族の幸せのために一生懸命仕事をする夫(パパ)。
朝早くから夜遅くまでせっせと働いて
子供の学校の行事にも来れず、夏休みも取れず、
妻とゆっくり話しをする時間もなく、毎日が過ぎていく・・・。
ワーカホーリックさんにはちょっとグサッとくる映画でしょうね。

幸いチャーチでは自分の人生の優先順位とか
選択の重要さとか本当に自分を幸せにするのは何かとか
毎週しっかり教えてくれるので
きっとこの映画のようにはならないと思うけど
今日という日を大切に生きなければと思わされる映画でした。
今日という日が365日で1年になるんだもんね!
 
ページトップへ コメント2
Anything can happen--and it probably will!!!
2007-08-14-Tue  CATEGORY: ヒルソング・ジャパニーズ・サービス(日本語礼拝)
”ANYTHING CAN HAPPEN--AND IT PROBABLY WILL!”
「どんなことでも起こりえる?そしてきっとその通りになる!」
ヒルソング・チャーチの主任牧師、ブライアンが礼拝に対して言った言葉で私も
ダイスキな言葉です。

礼拝の中で神様はすっごく大きな事をしてくれる・・・
私たちが期待して、準備して、ワクワクしていったら
それだけ、いやそれ以上の期待に答えてくれる神様!
「今週はどんなことをしてくれるかな?」って
ワクワクしていったら、本当にその期待にいつも答えてくれる。

今週は特に神様が礼拝の中で「すごい」ことをしてくれるという確信があった。もちろん、神様はいつも働いていてくれて偉大なことをしてくれるわけだけど、なぜか特に今週はすごい確信があった。

一緒にワーシップをリードするIvanとその話をしたら
彼も同じようにすごい興奮していて、
「今週はすごくなるね!」って二人で一致して
ワクワクしてました。 アップロードファイル アップロードファイル

どのぐらいワクワクしていたかというと、
夜も興奮して眠れないぐらい。
日曜日の前は良くあることなんだけど
礼拝で神様がどんなことをしてくれるだろう、どんな素晴らしい礼拝になるだろう・・・って考えると心臓の鼓動が早くなって「あ?早く明日にならないかなぁ!!!!」っていう遠足の前の日みたいな気分。

別の例えで言うと
誰か好きな人がいて、その人から電話がかかってくる予定で
「いつかかってくるかなぁ?」ってドキドキしながら待ってるような感じ。ハート

それで実際にその日曜日はどうだったかというと・・・

すごかったです!

まずワーシップチーム全体が次のレベルにステップアップ出来た気がしました。つまり、ブレークスルーがあったというか。勢いが出てきたというか。イスラエルのSay So っていう歌でも盛り上がったし
はじめて賛美リードしたIvanもフレッシュで良かったし。
彼自身もチャレンジを超えて一回り成長したのがすごく分かりました。
他にも、今までずっと礼拝に来れていなかった友達が戻って来てくれたり。
でも一番大きかったのはチームのブレークスルーかもしれません。

ブレークスルーはそんなに簡単なことじゃないし
そんなに頻繁にあることでもありません。
それに、モメンタム(勢い)っていうのもそんなにいつも
体験出来ることではない。

毎週欠かさず練習して、祈って、励まして、期待して、
待ち望んで、反省して・・・こういう繰り返しを
何週間、何ヶ月、何年としていくとある時ふとやってくる
ブレークスルー&momentum!

日曜日の夜の礼拝でフィル・ドゥーリーが言っていたように
「Momentum and Freedom come from being consistent.
勢いとか自由さっていうのは持続性からやってくるんだ。」→本当にそうだと思います。

同じ事を毎週・・・

天気が悪くても良くても
元気でも元気じゃなくても
気分が乗っていてもそうじゃなくても
忙しくても暇でも 繰り返して続けて、常に神様に最善のものを
捧げていけばいつの日か神様が次のレベルに持ち上げてくれるんですね。そのことを実際に体験できたのが今週の日曜日でした。
本当に嬉しかった。アップロードファイル

今回ひとつ学んだのは
神様に期待すること、ワクワクすることは他の人、チーム、そして
礼拝全体に影響する力があること。

誰かひとりでも超exciteしていたら他の人は
「何であの人あんなに興奮してるんだ!?」って思いますね?
もしそれが2人や3人だったらチーム内の雰囲気が期待感でいっぱいになる。それがチーム全体まで膨れ上がったら礼拝全体を影響できる。

もちろん、exciteし過ぎてはめを外すのはマナー違反だけど
神様に期待して、ワクワクしていられることは想像以上に大きな力があります。

私たちがそうならないように阻止しようとする力もあるし、
自分の置かれている状況や気分で期待なんて出来ない時も
きっと沢山あると思うけれど、もし誰か一人でも信仰を持って
神様にexciteすることが出来たら、その信仰を使って神様が偉大なことをしてくれます!

ちょっと抽象的な日記になっちゃったけどこれが「今想うこと」です。ちな♪





ページトップへ コメント1
お久しぶりです☆
2007-08-14-Tue  CATEGORY: ダイアリー
久しぶりの更新です♪

先週の金曜日は前にお知らせしたとおり
シティでバイオリンのコンサートでした!
無事に終わりましたが、やはりたくさん反省点もありました・・・。

でも沢山の人が来てくれたし、楽しんでくれたようだったので
嬉しかったです。

CIMG5220.jpg
 ダーリンとの1枚はーと3つ

violinconcert.jpg
来てくれたみんなありがとう!

コンサートの次の日土曜日は
本当に春らしい日で気温が24度ぐらいまで上がって
半そででもOKなぐらいのお天気になりました。
お昼ぐらいから出かけてダイスキなクージービーチへ。
久しぶりにのんびりしてきました。

coogee.jpg

海の色が透き通っていてすごくきれいだった・・・

sayaka.jpg


続きはまた後で☆
 
ページトップへ コメント2
<< 2007/08 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


余白 Copyright © 2005 ♡LOVE GOD LOVE PEOPLE LOVE LIFE♡. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。