オーストラリア、シドニーでの『ライフ』をブログに。
♡LOVE GOD LOVE PEOPLE LOVE LIFE♡
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
前回のエントリーで「常に新しくなっていくこと」を書いたけど
ヒルソング日本語礼拝も常に前進し、成長し、変化をしています。
11月18日の礼拝でリーダーシップ交代の発表がありました。

ヒルソング日本語礼拝は中村順也&君枝さんによって始まり(もちろん、Goサインを出したのは主任牧師のブライアン&ボビーですが☆)彼らが日本に戻られた時
少しブランクがありましたが、尚子さんが2004年に新しいリーダーとして立てられました。
そして2005年から正式なエクステンション・サービス(礼拝)として再出発して今に至ります。

今まで3年の間ここには書ききれないことがいっぱいありました。
たくさんの人がイエス様に出会い、人生が変えられました☆
苦しみから喜びへアップロードファイル、涙から微笑みへと変わっていきましたsmile
自分の人生も大きく変えられました。クリスチャンとして、人として、妻として、リーダーとして、成長することができました。(まだまだ先は長いけど汗
神様なんかいない!という人は多いけれど、この3年間で体験したこと、実際に見てきたことを
通して「神様は本当にいて、今日も生きている」としか言いようがありません。

これから涼くんと日本語礼拝のパスターとしてジャパサを更に建て上げていきます。
私たちにとっても本当にビックリオンプO1&予期していなかった出来事ですが 「ジャパサ」という私たちが大好きで、素晴らしい礼拝のリーダーを託されたことをすごく光栄に思うし、
ヒルソングチャーチという力強いチームの一員として神様の家を建て上げていけることに
純粋にワクワクしています。

涼くん&わたし共、「らしくない」牧師だけどjumee☆loud laugh1これからも地でいきますので、どうぞよろしくね!きのこ
スポンサーサイト
ページトップへ コメント6
常に新しくなっていくということ
2007-11-17-Sat  CATEGORY: Hillsong Church
先週日曜日のヒロくんのメッセージにもあったとおり
成長する教会には変化がつきものです。
ヒルソングは数週間いなかっただけでも教会で起こっていることについていけなくなるほど
常に前進し、成長し、変化していく教会です。

でも面白いのはその変化を人間的に「起こそう」としているのではなくて
常に神様によって新しくされていっていること。
「毎週なんか面白いことをしないと教会に来ている人が飽きてしまう・・・」といった理由で
変化が起こるのではないんです。

来年3月からフィル&ルシンダ・ドゥーリー夫妻は南アフリカ、ケープタウンに
ヒルソング・アフリカを建てに送られます。

今まで長い間ワーシップ・パスターとして教会のスタッフを務めてきた
ダーリーン・チェックはスタッフとしてのポジションをボランティアに改め
これからはボランティアとして教会に仕えていくこととなりました。
ということで、新しくジョエル・ヒューストンがワーシップ・ディレクターとして
ヒルソングのワーシップ、ユナイテッド、その他クリエイティブ・アーツを監督していくことになります。つまりダーリーンの時代からジョエルの世代にバトンが渡されたわけです。

エクステンション・サービスも今年からマッカーサー・サービス(マット・ティクナー牧師)、ノーザン・ビーチ・サービス(ベン・ヒューストン)が新たに加わりました。
ライド・サービスは名前をマッコーリー・サービスと改めマッコーリー大学のすぐそばにある
マッコーリー・ショッピング・センターのシネマで礼拝を持っています。
新しく牧師に抜擢されたのはヒルソング・ロンドンから帰ってきたばかりの
ティム・ダグラス(JDのお兄ちゃん☆ワーシップもリードします)。

こんな感じでちょっとでも教会に行かなかったり、礼拝をミスったりすると
教会内の変化についていけないんですね・・・。

ヒルソングは成長し続けています。
ますます目が離せません。(離したことはないけどね!)
わたしたちも神様に毎日新しくされて成長し続けないと
置いてかれちゃうね?汗
ページトップへ コメント1
長い一日
2007-11-14-Wed  CATEGORY: ダイアリー
今日は長ーいマラソンのような一日でした!
帰宅夜10時。(日本だったら結構普通!?)
でもいつもは帰宅午後6時ぐらいだからエクストラで4時間あったわけです。

帰ってきたらダーリンがわたしの大好きなアールグレーを入れてくれました。アップロードファイル
そこでホッと一息。結婚していることの醍醐味ですねー。jumee☆LoVe2

なぜ帰宅が遅くなったかと言うと
教えている学校で生徒たちのコンサートがありました。
わたしの生徒は3人だけの参加でしたがみんなとっても上手に弾けました。

先生として教えている時は常に「この生徒のどこをもっと良く出来るだろう?」という
サーチモードに入ってます。
左右から、前後からじろじろ見たり、 どこか不自然な動き、無駄な動きがないか
見たり、音もじっくり耳をダンボにして聞きます。
こうして常に建設的なフィードバックをしていくわけです。

これを毎週しているから自然と生徒の演奏を聞くときは分析してしまうのですが、
これを自分の演奏にするのは結構難しい。
人の演奏は客観的に見れるけど、自分の演奏となると
「生徒にはうるさく言っているくせに自分は出来てないじゃん!」と思うことがいっぱい。

教えていることを自分でも実践しなければ・・・。
というわけで明日も朝から練習します汗
ページトップへ コメント0
友達の帰国
2007-11-13-Tue  CATEGORY: ダイアリー
今朝シドニーで一緒に労苦(笑・食・遊?)を共にしてきた友達が日本へ旅立った。
もちろん寂しいけれど、でも神様が彼女を今よりももっと素晴らしいシーズンへ
導いているとしたらそれはスゴイことだから喜びたい。

でも新しいシーズンが今までよりもステップアップしたものではなくて
彼女の賜物が埋もれて、錆付いてしまっているようなら
必ず掘り出しに行くと脅してあります。(笑)

今年で自分の国に帰る仲間がいっぱいいる。
ワーシップチーム内でも5人はいるかな?
非常事態です。

でも非常事態の中でさえ神様はわたしたちを
「力」から「力」へと 導いていってくれる。
そう確信があるから平安の中、帰る仲間たちを祝福できる。

だって THE BEST IS YET TO COME だからね☆
ページトップへ コメント0
世界のひかり
2007-11-12-Mon  CATEGORY: メッセージ
またまたブログさぼり気味です。
でもガンバリます!

今日は先週のジャパサ(2007年11月4日)でのメッセージのポイントを載せたいと思いまーす。

マタイ5章14節から16節
リビングバイブル
「あなたがたは世の光です。岡の上にある町は夜になると灯がともり、誰にも良く見えるようになります。
あなたがたの光を隠してはいけません。全ての人のために輝かせなさい。
誰にも見えるように、あなたがたの良い行ないを輝かせなさい。そうすれば、人々がそれを見て、天におられるあなた方の父をほめたたえるようになるのです。」

ここでイエス様は「私たちが世の中の光キラだと言っている。いや、言い切っている。
「○○をしたらひかりになれるよ」とか
「こんなことを達成したら、光になることが出来るよ」という預言じゃない。
もう完了しているかのようにイエス様は弟子たちにいった。

イエス様の弟子たちはごく普通の人たちだった。(もしかしたら普通以下?)イエス様がいろいろなたとえ話を用いて聖書の真理を語っても、ほとんどの場合において、彼らは察しが悪いというか、頭が鈍かった。

このマタイの箇所も弟子たちにとっては、「??????」だらけだったかもしれない。
「は?わたしたちが、世の光?」
「どうしてそんなことがイエス様に言えるんだろう?」 
「私がどんな人間か知ってるんだろうか?」
「学校でどんな成績をとっていたか知ってるんだろうか?」
「今までどんな人生を歩んできたか知っているのだろうか?」

こういう風にイエス様は私たちには到底思い得ないこと・想像さえできないことを語ってくる。
でも、神様の言葉は一言でさえ、私たちの人生を大きく変える力を持っている。
それは神様の言葉が真理だからです。

神様が私たちに投げかける言葉には力がある。
目的がある。
私たちの中にあるとは思えない可能性を 呼び覚ます!!

神様は何も無い所に言葉を与えて偉大なものを生み出すことが出来る。
貧乏で、弱くて、セルフイメージがかなり悪かったギデオンに「チャンピオン!」と語りかけて
実際に全くの負け犬だった彼をチャンピオンに大変身させた。

神様は言葉でこの世界を創った方。
その言葉には 絶大な力がある。神様は砂漠に泉をわきあがらせ荒野に川を流すことができる。

ポイント?;神様の言葉には力があることを知る&そしてそれを心を開いて受け取る

イエス様には弟子たちが世の中の光になるという確信があった。
弟子たちがイエス様の十字架という試練を乗り越え、復活という奇跡を見て、
迫害を受けながらもイエス様の教えたことを世界に伝えていくということをビジョンで見ていた。

イエス様は自分が世の光だから、私が世界に輝くから心配しないでと言ったのではなく 
「わたしの光を知った あなたがたが世の光。あなたが世界を変えていくんだよ」 
「あなたを使って、あなたを通して世の中が照らされていくんだよ」と言った。


ポイント?神様は私たちを世界に輝く光として計画を持っていろんな場所においてくれる。

光は暗いところで本来の力を発揮する。
太陽がなかったらいつも夜。夜景も暗いところで光が輝いているからきれい。

あなたの周りに暗やみがある?
生きる目的や意味を探している友達、希望を失った知り合い、失望の中を生きているひと。悩んでいなくても神様を知らなければその人には光がない。私も神様に出会う前は暗やみにいた。でも沢山の人がわたしの周りで輝いていた。光に導いてくれた。
神様は私たちを世界に輝く光として計画を持っていろんな場所においてくれる。

1)例えば、教会がなかなか成長しないと言われている日本。
その1番大きい都市東京に、あるオージーの牧師夫妻が送られ、彼らがはじめた
ジーザス・ライフ・チャーチは5年で500人以上の教会に成長して、来年から大阪でも
教会を始める。東京で沢山のひとの光として力強く輝き続けている。

2)来年南アフリカのケープタウンという街で 今までヒルソングの牧師をしていたフィル・ドゥーリーがヒルソング・アフリカを立てるために送られる。
ヒルソングのシニアパスターであるブライアンは
「アフリカにはたくさん神様を求めている・必要としている人たちがいるから、シドニーのヒルソングよりも大きくなるだろう」と言った。

3)ウガンダ(スキナー牧師夫妻)
エイズで両親を亡くした孤児たちに神様を伝えたい、お家を与えたい、夢を与えたい。そういったヴィジョンと共にウガンダで孤児院をはじめた。すでに何千人の子供達に影響を与えている。

そしてこれを読んでいるみなさんも!神様はたくさんの人の光として用いてくれる。

どこでも神様は光として用いてくれる。
例えば学校、職場、銀行、電車の中、あなたが住んでいるユニット。神様は暗やみがあるところに私たちを置いてくれる。神様は私たちの人間関係を用いて神様へと導いてくれることが多い。周りにいる人のお手本として、神様から受けた愛と希望によって輝くことができる。

ポイント?神様が私たちを輝かせてくれることを知る

ある人は 「あなた方は世の光である。あなたの光を人々の前で輝かせなさい。」と言われたら 「よし、頑張ろう!」とか
「うわープレッシャー。」と思うかもしれない。

クリスチャンにだってへこむ事もある。病気にもなる時もある。失敗もします。けんかもする。人間だから!

それでも神様は余裕で 私たちを光としてくれる。
イエス様が心の中にいて、いつも希望をくれるからどんな風が吹いてきて
光を消そうとしても、いつでも消えることなく輝くことができる。私たちがスゴイから世の光になるんじゃなくて私たちの中にいるイエス様が素晴らしいから私たちは輝くことができる。
世の光として輝こうと頑張らなくて、プレッシャーに感じなくていい。あなたの中にいるイエス様が輝いてくれるから。
ページトップへ コメント0

今週の日曜日は・・・何とわたしがメッセージしますっっっ! オンプO1オンプO1オンプO1
外は雨がしとしと(ザーザー?)で気温も低くテンション低いですが
わたしの心は燃えてます!サ」
今回も神様に語られまくってますので、期待をしてジャパサに来てくださ?い。

詳細はここをクリック。お問い合わせはこのブログの右がわにある
メールフォームを使ってもらうか、コメントを残してくださいね。
必ずこちらからご連絡します!

 
ページトップへ コメント4
Connect・コネクト→つながること
2007-11-01-Thu  CATEGORY: ヒルソング・ジャパニーズ・サービス(日本語礼拝)
今週はじめてのエントリーですブルー矢印下

週の始めの方から疲れがたまってきたのか、いまいち調子が良くなくて
リカバリー中のわたしです。

それでも月曜日は大好きな友達Mと大好きな友達Sのところへランチをしにいきました。
もうすぐMちゃんは日本に本帰国するのでその前に・・・ということでした。

そしてランチを食べながら話に花を咲かせているとき 友達のSがMに

「今までシドニーで4年間、教会のために、そして教会に来る人のために忠実に奉仕してくれてありがとう。私はあなたのことそんなに知らないし 付き合いも短いけれど
あなたがジャパサにしたことは偉大だったことが良く分かるの。そしてわたしの人生もあなたのメッセージを通して暗やみから光に変えられたから、お礼がいいたくて。教会のみんなを代表してありがとう!」 って言い出した!

私に対して言ってくれたんじゃないけど、Sの感謝の言葉とその素直な心と
Mが今まで貢献してきてくれたことを思い出して 一気に涙腺がオープンしてしまった。汗
Mになんでさやちゃんが泣くの????って突っ込まれたけど。

このわたしの友達のSちゃんは最近神様に出会って大きく変えられた人のひとり。
彼女が神様に変えられていく姿をみると、つい感動してしまう。
そして心から応援してしまう!はぁとvv

彼女は私たちのコネクトグループ(セルグループともいいますね)のメンバーのひとりで
他にもいずみちゃんの昔からのお友達のJちゃんも来てくれている。
彼女はジャパサ2周年の時にいずみちゃんが一緒に連れてきてくれてその時クリスチャンになったから本当にホヤホヤ・くりすちゃん!
彼女も礼拝に来ているし、コネクトにも来てくれたり、お祈りもはじめての経験なのにみんなの前で一緒にしたり、悩みなんかも私たちを信頼してシェアしてくれる。

人が神様にコネクトすることって本当に素晴らしいキラ
そしてスモールグループを通して友達同士コネクト出来ることも本当に幸せ。アップロードファイル

コネクトグループは礼拝の外でお互いを知る良いチャンスです。
また神様につながるヘルプにもなるし、お互いを知り、そして一緒に神様を知り
人生を共に歩んでいくという超最高なグループです。
ページトップへ コメント2
<< 2007/11 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 ♡LOVE GOD LOVE PEOPLE LOVE LIFE♡. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。