オーストラリア、シドニーでの『ライフ』をブログに。
♡LOVE GOD LOVE PEOPLE LOVE LIFE♡
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
ここ1週間の出来事
2008-05-28-Wed  CATEGORY: ダイアリー
母の日からアップが止まっていたけど、また再開。
5月の出来事

19日 わがダンナ様、日本に向けて出発。夜10時の便だったので空港に行く前にシティでタイ料理を食べて、スタバでコーヒーのデート♡ だってこれから10日間も会えないんだもん!
ゲートでバイバイする時は、やはり涙が出て「さみし?」って言っちゃった。結婚6年目にして10日も離れるのは初めて。ちょっと不安になる。

20日 寂しくなる暇もなく、ミーティングの嵐。夜はチャーチでウェルカム・パーティー。最近新しくチャーチに来た人を招いてチャーチをもっとよく知ってもらうためのパーティー。ヒルズとシティであるけど、シティの方に行く。MちゃんとNも来てくれて楽しいひと時。食べ物が豪華で美味しかった。(今日一番美味しかったのはミートボール☆)ジョールがパスターを全員紹介してくれたのでステージに上がらされる。ちゃんと私の名前言えるかなぁ・・・と思いつつ、すごいキレイな発音でびっくり。おまけに「コンバンワ」と言われた。こんにちはだけじゃなくて、時間で挨拶を使い分けられるなんて、さすがジョール。

21日 朝からお仕事。今週は生徒のグレード試験とコンクールがあるのでエキストラでレッスン。帰りが遅くなるが、サリーと待ち合わせてストラスの韓国ラーメン屋で夜ごはん。メニューも韓国語のみ。周りはおっさんだらけ。絶対ひとりじゃ入れない!駅に直結しているラーメン屋さん。寒い日だったから美味しかった。日本のものとは全く違う。

22日 朝シティで生徒のグレード試験。朝早く行って楽器を調弦、曲の復習と、生徒をリラックスさせて・・・先生のほうがよっぽど緊張気味。わたしは試験とかコンクールは本当に苦手だった。コンサートは楽しめるけれど・・・。生徒は実力が発揮出来たようで二人とも「A?優秀」。良かった☆

23日 またまたお仕事。明日のコンクールに向けての最終調整。二人とも絶好調。お家に戻ってからまたレッスン。

24日 コンクール直前、ピアノの伴奏者が道に迷い、もう少しで一人目の生徒が棄権になるところだった!なんとか間に合い、ほっとする。思ったより皆上手でびっくり。二人ともとっても上手に弾いてくれた☆一人は1位で優勝、もうひとりは上手に弾けたけれど残念ながら入賞はなし。
たくさんの人の前で、それも審査の前で緊張して弾く機会なんてこの国にはそうないから
結果はどうであれすごい良い機会になったと思う。二人におめでとうのお花をあげて帰宅。
明日のメッセージの用意。

24日はほぼ貫徹
メッセージの用意が終わらなくて苦戦した。日本から涼くんも私のノートを読んでコメントしてくれたり、
お祈りしてくれたり、アドバイスをくれた。本当に感謝。
一生懸命求めているのに、神さまの声が聞こえなかったりして超焦った。
でも心の中には深い平安があって、「こんな時に平安を感じている場合!?」と
焦りながらも格闘。

格闘しながら・・・
涼くんの大きさに感謝した。彼の支えの大きさを再確認した。もちろん最初から分かっては
いたけれど、一人で支えなければいけない立場になって彼の大きさを改めて感じた。

日本語礼拝のリーダー&ボランティア一人ひとりに感謝した。だって私一人じゃ何もできない。
メッセージを用意しながら賛美とか、MCとか、献金のメッセージとか、パワーポイント、音響、ウェルカム、ホスティング、クリエイティブ、キッズ、ステージマネージャー・・・こんなことが出来る筈ない。
みんなが自分の部分を担ってくれているからこそ、自分がキリストの体の一部として機能しているからこそ毎週の礼拝が素晴らしいものになる。みんなに「ありがとう!」

そして今まで日本語礼拝の牧師として2年半頑張ってくださった尚子さん。私は今回涼くんなしで日本語礼拝を任せられて、彼女が今まで一人で支えてきた重みをちょっとだけ理解できたような気がする。彼女は100%日本人ではないから言葉の問題もあったのに本当に本当に素晴らしい働きをしてくれたと思う。そして彼女はちゃんと次の世代にバトンを落とすことなく渡してくれた。

こんないろんな発見が詰まった1週間だった。
また神さまの忠実さを見せつけられた時だった。イエス様一緒にいてくれてありがとう!
スポンサーサイト
ページトップへ コメント4
母の日・・・マザーズ・デー
2008-05-15-Thu  CATEGORY: ヒルソング・ジャパニーズ・サービス(日本語礼拝)
i love mum


ちょっと時差がありますが、お母さん 母の日おめでとう!
世界中のお母さんに大きな「ありがとう」をここで伝えたいと思います☆

私たちの日本語礼拝、毎週とってもラブリーな雰囲気でやってますが
今回の日曜日は更にグレードアップして、全てのお母さん&女性のみなさんに神さまの愛をたくさん感じてもらおうと力を合わせて頑張りました。

日本語礼拝始まってから3度目の母の日になりますが毎年良くなっていってます。
今年は何がすごく良かったって、プランニングが早めに行なわれたこと。計画が早めに出来ると、より色んなことができるから。そしてそのプランニングも私たちが率先したのではなく、みんなが自発的にしてくれたところがパスターとしてはすっごく助かったし嬉しかったです。みんなありがとうね☆

全部の写真がないところが(私らしくて)残念ですが汗

まず入り口にリンキングバルーンといって風船を結び合わせて色んな形に出来る風船でドアにアーチを作りました。
これはイメージ写真で実物じゃないけど(これのもっとシンプルバージョンということで!)・・・。
balloons.jpg


そしてネイル・ハンドマッサージ・マッサージなどの「もてなしゾーン」!
日本語礼拝に来てくれているネイルがとっても上手なRちゃん
プロのネイリストのYさんとプロのエステティシャンのKちゃんが担当してくれました☆

nail.jpg
みんなうっとり♡

pampering.jpg
お母さんいつもお疲れ様♪

tomoko.jpg
朋ちゃんも今日が最後なのでスペシャル!

これだけじゃなくて
母の日のスペシャルミュージックもありました。
josh.jpg

Brian McFaddenという人のLike only a woman canという歌を歌ってくれたよ。
バックにはお母さんと子供のスライドショーが流れてかわいかったです!
kanako MC
毎回チャーミングでフレッシュなKちゃんのMC

sayaka of 2
お母さんの思い出と神さまの愛を献金のメッセージで語ってくれたSちゃん

praise and worship
心からの賛美♪

そしてお母さん全員がヒルソング・チャーチからのギフトを受け取った後は・・・
明日日本に本帰国する朋ちゃんがショートメッセージをしました。
タイトルは:あなたが神さまと歩む時、ベストな人生になる!
そのとおりです!
tomoko speaking


まだまだスペシャルデーは続きます。
朋ちゃんのメッセージのあとわたしが数分メッセージをしたんだけど、そのはじめに
3人のユースの女の子たちがステージに来てくれてお母さんのための祝福のお祈りをしてくれました。
会場にいたお母さんたちはとっても喜んでくれました。涙を拭いている姿もありました・・・。

Ellie.jpg
Minami.jpg
Amie.jpg


そして残りの数分間でしたメッセージの要約だけをのせまーす。

母の日はある人にとっては辛い時かもしれない。
お母さんを亡くした人、お母さんと良い関係にない人、お母さんを知らないという人もいるかもしれない。

お母さんを失くした人は
肉親ではないけれど、教会の中でお母さんのような存在の人に出会ってほしい。そんな存在になれる人がたくさんいます。年齢はあまり関係ない。
また母親と良い関係にない人。良くなるように祈って求めよう。不可能をも可能に変えてくれる神様。絶対に関係の回復を神さまが助けてくれる。

神さまが女性をどういった存在に創ったのか?

私たち女性は神さまの姿に似せて造られた。
創世記1:26-27
神は「われわれに似るように、われわれのかたちに人を造ろう。」と仰せられた。v27 神はこのように人をご自身のかたちに創造された。神のかたちに彼を創造し、男と女とに彼らを創造された。

神さまは自分のかたちに似るように人、つまり男の人と女の人を造られた。
祈る時に「天のお父さま」と呼ぶ。またイエス様は男性だった。だから神さまは男性だと思われがち。でも自分のかたちに似るように「男性」と「女性」を造ったのだとしたら神さまの中に男性らしさがあるのと同様女性らしさも存在している。

神さまの性質は男性だけでは全て表現できない。男性と女性が存在することによってはじめて神さまの性質がバランスよく表現できる。私たちはそんな神さまの姿を映し出すものとして大切に創られた。

自分の子供が生まれてくると夫に似ていたり、自分に似る。顔、性格、足のサイズ、声など自分に似ていたら本当に愛おしいと思う。
神様も私たちを見て「こんなところが私に似ている」と愛おしいと思っている。
だから神さまを良く知ることは自分をもっと知ることにつながる

ある人は「自分には欠点も弱点もあって不完全なもの」と思うかもしれない。
でも神さまを知るにつれて、神さまの言葉を知るにつれて、一歩づつ・少しづつでも神さまが変えていってくれる。

神さまの大きな愛を受け取るとき、その愛で他の人をも愛せるようになる。私たちの中に神さまのDNAが組み込まれている。あなたは神さまのかたちに創られた。イエス様が私たちを愛したように人を愛するDNA、良いお母さんになるDNAがすでにある。

もし人生の中で失敗をしたと思っても大丈夫。今日見たPsボビーのメッセージにもあったように過去に失敗をしたとしても、もう昨日には戻れない。

神さまの恵みは朝ごとに新しいと聖書(哀歌3:22-23)に書いてある
「主の慈しみは決して絶えない。主の憐れみは決して尽きない。
それは朝ごとに新たになる。あなたの真実はそれほど深い。」と書いてあるように、
これから未来に向かって良い思い出を作っていくことができる。

クリスチャンになった時から神さまが新しい人生・新しいスタートをくれる。クリスチャンになるっていうのは新しい人生のスタート地点に立ったということ。そこからイエス様との歩みがはじまる。神さまの愛、神さまの言葉、神様がくれる約束を知るのに遅すぎることはない。

friends.jpg
 HAPPY MOTHER'S DAY!!!!!
ページトップへ コメント0
選択の自由
2008-05-05-Mon  CATEGORY: ダイアリー
クリスチャンじゃなかった頃の日曜日は何をして過ごしていたんだろう。
もう思い出すのが難しくなった。

でも、毎週日曜日に礼拝に行くと本当に人がそこに集まってくれることに驚く。
もちろん人が来ることを信じて、祈って、準備してくるんだけど。
でも実際に本当に人が足を運んで来てくれる事に純粋に驚く。

週6日働いていて日曜日だけがお休みの人もいる。
土曜日夜勤明けに来てくれる人もいる。
日曜の午後から仕事がある人もいる。

買い物に出かけることも
映画を見にいくことも
友達と遊びにいくことも
食事をしにいくことも
ドライブしにいくこともできるのに

たくさんの人が日曜日、私たちの礼拝に足を運んでくれる。

それは「自然」にそうなったんじゃなくて
一人ひとりが「選択」をして計画をしたから礼拝に出ることができたわけで、

「明日は○時に起きて、10時半の礼拝に出よう。」

もしくは誰かに誘われて、
「明日は教会に誘われたから朝早く起きて支度をしなきゃ」と選択をした結果だ。

小さな選択だと思うかもしれない。でもこの選択が人生を変えるきっかけになったとしたら
それは決して小さな選択じゃなくて、人の運命を左右する決断になる。

日本語礼拝に来てくれている人が最近言ってくれた(書いてくれた)こと。

「もう、日本語礼拝なしの人生は考えられません!」

「こんなステキな世界があったなんて。もっと早く知りたかった!」

「毎週日曜日にはどんなことが起こるんだろうって楽しみでワクワクしてます。」

「毎日が日曜日だったらいいのに!月曜から土曜が長すぎ☆」

「教会に来るのが楽しくなったのはここが初めて」

「みんなキラキラしていて人生の目的をしっかり持って生きているんですね。」

「こんなに雰囲気の良い教会に来たのは初めてです。」

「友達を堂々と誘って来れる礼拝。」

こんなコメントを聞くたびにとっても不思議な気持ちになる。
まだまだ牧師としてもリーダーとしても未熟な私たちがしていることが
評価されるなんて。神さまが働いてくれているからに違いないと思う。

わたしにとって日曜日は自分のために使う時間ではない。
神さまのために使う時間。

どんなに天気が良くても悪くても
気分が乗っても乗らなくても
こころの余裕があってもなくても
日曜日に礼拝を守ることは私のライフ・スタイル。

そして自分の選択の反対側には礼拝に来ようとしている人達の選択がある。
どちらも強制されているわけじゃないけれど
人の永遠までを左右する大きな選択。

私が日曜日に礼拝に行かなくても 罰金も減点も制裁も何もないけれど
自分の日曜日に何をしようとわたしの自由だけど
神さまの家を建てあげることほど嬉しいことはないから
これから一生、日曜日は教会にいます☆


ちょっと語っちゃったけど、是非皆さん気軽に遊びに来てね。
毎週日曜日 朝10時半
チャッツウッド駅から徒歩5分。(10時に駅までチームがお迎えに行っています)
12時ぴったりには終わります☆
ライブバンド&熱いメッセージであなたの人生がホットになること間違いなし!
   ↓     ↓     ↓     ↓
ヒルソング・チャーチに是非来てください。
ページトップへ コメント0
秋の夜長に・・・
2008-05-02-Fri  CATEGORY: ダイアリー
2008年も5月に突入!
シドニーはだんだん寒くなってきました。スノーイーマウンテンではスキーもできるらしいです。
今年は冷夏だったし、冬も早めにやってきそうです。

そんな秋の夜長には・・・

「お料理!」

聖書を読む、とか
祈りを捧げる、とか
カッコいいことを言いたい所ですが(そしてこれはこれでしているのですが)

お料理をしているのが一番幸せ☆
お掃除をするのも悪くないし、洗濯物をするのもキライじゃない。
家事が結構好きだったりします。
その中でもお料理をするのは義務ではなく、趣味です!(今のところはね)

今日は生徒のお家でお母さんからカレーパフを頂きました。
その一家はマレーシア系オージー。カレーパフはマレーシア名物なんだそうです。

仕事の帰りにスーパーに寄ってパイ生地を買おうと思って栄養成分を見たら
マーガリンと書いてあった・・・。ショック。
マーガリンが入っているということは、トランス酸が入っているということ。
確かに市販のパイ生地にバターだけを使うことを期待してはいけないですね。

というわけで、手作りすることに。
初めての試みです。何度かアメリカでホストマザーが作るのを見てましたが自分では試したことはなく、今日が初めて。

複雑なレシピは性格上無理なので、フードプロセッサーを使った生地つくり。
オーストラリアに来て買った電化製品の中で一番重宝しているのが、これ。
フードプロセッサーとミキサーが一緒になってるもの。

薄力粉 150g
冷凍バター80g 生地を作る寸前に1cm角に切っておく
砂糖(粉はちみつで代用)大さじ1
塩2g
冷水(氷を入れたお水)50cc

冷水以外をプロセッサーに入れて混ぜる。混ざったら2?3回に分けてお水を入れる。
(プロセッサーを回しながら。)そうすると勝手にひとつにまとまる。
それをラップに包み冷蔵庫で1時間寝かせる。

カレーパフの中身
ジャガイモ小 5個 またはジャガイモ中2個 小さく切る
玉ねぎ 半分 (1cmぐらいの角に切る)
ズッキーニ 半分 みじん切り
お好みでひき肉 50g
ココナッツミルク 大さじ5
砂糖(粉はちみつで代用) 大さじ1
カレー粉 大さじ1
カレールー 1ブロック (削る)
お水 50ml

フライパンに玉ねぎを炒めます。ズッキーニも一緒に炒めます。さらにひき肉を合わせていためます。
ジャガイモはレンジにかけてあらかじめ柔らかくしておくと早い。
玉ねぎ、ひき肉にポテトをいれて炒めます。カレー粉をふります。
砂糖をいれます。ココナッツミルクをいれます。そしてお水を入れてカレールーを入れて
煮ます。具が柔らかくなればOK。

寝かせておいた生地を出してきて8等分し、棒でのばします。
そして具を入れて包み、200度のオーブンで15分焼きます。

とっても美味しいカレーパフの出来あがり☆


59193_kambrook_deluxe_kfp90.jpg
ページトップへ コメント0
<< 2008/05 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


余白 Copyright © 2005 ♡LOVE GOD LOVE PEOPLE LOVE LIFE♡. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。