オーストラリア、シドニーでの『ライフ』をブログに。
♡LOVE GOD LOVE PEOPLE LOVE LIFE♡
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
6月22日のパスター・ブライアンのブログエントリーです!

「教会への想い」
"My heart for the house"

いま飛行機の中です。予定通りに事が運べば日曜の朝にはシドニーに戻ります。
自宅に戻ってさっとシャワーを浴びて、私が世界で一番好きなことをする1日が始まります。
それは何かって?素晴らしい教会を牧することです!

Well, I am on a plane for a change!! When we land it will be Sunday morning at home and if all
goes to plan... I'll grab a quick shower and then a big day doing my favourite thing in all the
world... pastoring our wonderful church!

自分に与えられている(牧師という仕事をする)機会を本当に大事に思ってます。小さい時から父と母が食事の時に教会の話をしているのを聞いて育ってきました。そして「いつか僕もその一人になりたい」・・・ミニストリを立て上げ、人々を助け、メッセージをし、福音を伝えるために世界中を駆け巡るような人になりたいと思っていました。

I love the opportunity to do what I do. I grew up listening to my Mum and Dad's mealtime conversations with other church leaders, and I aspired to "one day" be one of them - building a ministry, helping people, preaching, traveling to far away places to share the gospel and growing God's kingdom.

教会を建て上げるということはいつも私の最大の夢でした。ボビーと婚約中に彼女の車の中で(彼女の方が良い車に乗っていたので!)夜中まで自分達の将来について、ミニストリーについて、ミニストリーを真ん中に置いた結婚について熱く語り合ったのを今でも覚えてます。

But the idea of building a church was my biggest dream. I can still remember when Bobbie and I sat in her car (it was nicer than mine) late into the night as a wide-eyed newly engaged couple, thinking of our shared commitment to build our marriage around ministry.

それから30年が過ぎ、自分が見た夢を今、 実際に生きています。もちろん神さまに託している夢はまだまだありますが!

And here we are, more than 30 years on and still "living the dream". And fresh off the wire... we still have dreams in terms of what we are believing to see God do!

時に、僕の教会への想いは心からあふれそうになります!

Sometimes my heart for the house is almost bursting!

「あなたがたの中で善い業を始められた方(神さま)が、キリスト・イエスの日までに、
その業を成し遂げてくださると、わたしは確信しています。」 ピリピ1:6

"...He who began a good work in you will carry it on to completion until the day of Christ Jesus"
Philippians 1:6

Brian (ブライアン)
スポンサーサイト
ページトップへ コメント1
神さまが教会に対して抱いている想い
2008-06-22-Sun  CATEGORY: ヒルソング・ジャパニーズ・サービス(日本語礼拝)
只今午前12時過ぎ。もう月曜日になっちゃいました☆
実はいまさっき帰宅。
今日は学生のみんな(夫を含む)がアサイメント&テスト終了したので久しぶりにみんなでディナー。

今日は・・・
朝5時半起床
朝7時 教会に出発
朝10時半 礼拝開始
お昼 12時 礼拝終了
午後 2時 教会を出発
午後 2時半 帰宅
午後3時45分 夕拝に行く
午後4時半 夕拝開始
午後6時 夕拝終了!

このあとに、韓国料理をみんなで食べに、その後はチョコレートカフェに行きました・・・。
笑いすぎでお腹痛いです・・・。
みんなカフェでお茶しているときは瞼がだんだん降りてきて、限界を迎えたときにカフェを後にしました。帰宅したのは11時半。朝7時に家を出てから14時間が経過。
みんなこのスケジュールをこなして、けろっとしているし かなりタフ。体育会系。
クリスチャンになるとタフになります。体育会系にもなります。(笑)

今日の涼くんのメッセージがあまりにも良かったのでちょっとだけ要約。

「神さまの家への想い」 (2008年6月22日)

教会=神の家 そこには・・・

☆神さまのパッションがある
イエスは、教会に対して、燃えるようなパッションを持っていた。
「家を思う情熱がわたしを食い尽くす。」 ヨハネ2:17
イエスは、自分自身が食いつくされるほど、教会に対して情熱を持っている。

「キリストが教会を愛し、教会のために自分自身をささげられた・・・」エペソ5:25

イエスは、教会を、自分自身をささげるほど、愛している。
イエスは、教会に対して、命をささげるほどの、燃えるような情熱を持っている。
イエスはの神さまの家に対する想いは、自分の命よりも強かった。

☆神さまの目と心が注がれている
「わたしは、あなたがわたしの名をとこしえまでもここに置くために建てたこの宮を聖別したわたしの目とわたしの心は、いつもそこにある。1列王記 9:3

神さまの目と心は、いつも教会にある。どんなときでも、ここに神さまの心がある。神さまの想いがある。いつもいつも、神さまは僕たち「教会」のことを見てくれていて、僕たち教会のことを想っていてくれている。

☆いつも前進している
神さまの家は、いつも動いている。いつも、前進している。

神さまの家は、どんどん前進していくもの。何かが起こったから後退するのではなく、チャレンジにあったから逃げるのではなく、どんどん前進していくもの。
そもそも、困難に会うのは、常に動いているから。常に新しいことをやろうとして、常に新しい人に手を差し伸べて、次のレベルを目指そうとするから。常に動いているから、壁にぶち当たる。でも、常に動いているから、いずれそれを乗り越える。

神さまの目と心がいつも教会の上にある・・・っていうことにめちゃくちゃ励まされた1日でした。
ページトップへ コメント0
あったぁぁぁぁぁぁ?!
2008-06-21-Sat  CATEGORY: ♪Food♪
ずっと探していたものを見つけました☆
それは何かというと、 黒砂糖 !!!
日本だったら結構普通にあるものだと思うんだけど、何故かこっちにはなくて・・・。

日本から来る友達に買って来て貰おうかな?と思っていた矢先、いつも行っている八百屋さんのデリーコーナーの一番したの棚にいっぱいあった。

超感動です。

最近白砂糖を極力取らないようにしてるので、黒砂糖はすごい嬉しい!
今まではハニーパウダーというものを使ってました。(韓国の健康食品店やスパーには絶対ある!)

                   honeypowder.jpg


黒砂糖は英語で、muscovado sugar というらしく、ブラックシュガーだと思って探していたのでどうりで探せなかったわけです!

                   kurozato.jpg


ちなみに500gで$3.60でした。

ハリスパーク・マーケットという所で買えますよ?!!!!!!!

黒砂糖について
黒糖(黒砂糖)は沖縄産が人気。疲労回復、良質の糖分補給に
■黒糖(黒砂糖)とは
黒糖(黒砂糖)はさとうきびの汁を煮詰めてつくられます。ビタミンB1、B2、ミネラルやカルシウムを豊富に含んでいます。


■黒糖(黒砂糖)の効能

効能1.疲労回復
黒糖(黒砂糖)の糖分はブドウ糖として体内に吸収され、エネルギーになります。白砂糖よりもブドウ糖に限りなく近い構造をしており、数分で体内に吸収されるため、ちょっと疲れたときに摂取するといいのです。

効能2.ダイエット時の甘いものとして最適
黒い部分に含まれる「フェニルグルコシド」 という成分には、糖の吸収を抑制する働きがあるといわれます。白糖に比べ黒糖(黒砂糖)は血糖値の上昇がゆるやか。つまり腹もちがよいので自然と食事量が減り、ダイエットにもつながります。

効能3.ビタミンやミネラルが豊富
白砂糖は精製するときに、ビタミン・ミネラルの大部分が失われてしまいます。黒糖(黒砂糖)は、本来サトウキビに含まれるミネラルやビタミンがそのままギュッと詰め込まれているので、栄養バランスの取れた健康食品です。

効能4.月経痛・冷え性に
漢方の世界でも黒糖(黒砂糖)は、女性に多い月経痛や冷え性改善の薬として用いられます。不調の原因を血(けつ)の不足と考え、血(けつ)を補うことで体調を改善します。血(けつ)は主に血液のことで、水量が少ない川と同様、血液も量が少ないと流れが悪くなり、不調を引き起こすと考えられています。
また西洋医学的に見ると、血液サラサラ作用による血流アップ効果も期待できます。
                                             健康食品ネットウェブサイトより引用
ページトップへ コメント3
パスター・ブライアンのブログから
2008-06-19-Thu  CATEGORY: Hillsong Church
今日は趣向を変えて・・・
パスター・ブライアンのブログの日本語訳(?)です。
パスターブライアンについては、私のブログの前のエントリーを参照☆

6月17日づけのパスターブライアンのブログには6月15日にオープンほやほやのヒルソング・ケープタウン(南アフリカ共和国)のことが書いてあります。彼のブログにジャンプするにはここをクリック。(もしくはこのブログの左にあるリンクからジャンプできます)

タイトルは 「ケープタウン・Cape Town」


June 17, 2008

日曜の夜の礼拝もかなり「ぶっ飛んで!」ました!
ヒルソングでは6ホットナイト(カンファレンスの前6週間、ゲストスピーカーを呼んでいつもより更に超エキサイティングな礼拝をしています)の最中ですが、毎週どんどん熱さを増してます。
先週の日曜は特にヒルソング・ケープタウンのオープン記念礼拝とネットを通して中継しました?!
ヒルズ&シティに来ている人たちはケープタウンに向かって一生懸命手を振り(笑)、ケープタウンの人もたくさんのオージーに向かって手を振ってくれました☆
ヒルズ7時の礼拝の終わりにフィル(ケープタウンの牧師です!)がアルターコール(礼拝の最後に人々が神さまを受け入れる決断をする時間のこと)をして、本当にたくさんの人が神さまを受け入れる決断をしたのを見て泣けました。すごい感動できだったし、歴史的な瞬間でしたね。

その夜フィルからメールが来てこんなことが書いてありました↓

「ブライアン&ボビー、なんて言ったらいいか分からないほど、信じられないぐらい!超すごいことが
起きました?!今日初めての礼拝は5礼拝、出席は3千人以上、クリスチャンになる決断をした人は200+!!です。本当に疲れたけど、神さまに圧倒されました。こんな素晴らしい仕事を任せてくれてありがとうございます。そしてネットを通して一緒に喜びをシェアできたことも嬉しかったです!」
フィルとルシンダより

神さまありがとう!

?ブライアン

         crowdct.jpg

         plct.jpg
ページトップへ コメント0
食べものその他 その2
2008-06-17-Tue  CATEGORY: ♪Food♪
1ヶ月前から我が家には新しいハウスメートがいます。
今年7月からヒルソングカレッジの学生になるSちゃんです。彼女は韓国人(でもNZ国籍)。クリスチャンになったのは日本語礼拝で去年の4月です☆神さま大好きで超オンファイヤーなSちゃんです!

このハウスには合計5人が住んでいて涼くんを除く4人が女の子です。
というわけでお料理も4人が色んなものを作ります。(みんなすごく上手☆)

sallys kimbap
こんなにキレイなキンバップは見たことがない!見事!!! もちろんS作。

mustard chicken
チキン・クリーム粒入りマスタードソース♡

sukiyaki.jpg
すき焼きの季節なんです♪

kitties.jpg
ご飯を食べた後はZZZZZ・・・・

そしてここからは我が家のキッチンからではありませんが、私たちがだーい好きなタイ料理!

シドニーにはタイ料理激戦区(いたる所にタイ料理はあるんだけど、特に集まっている所)が
ニュータウンというところにあります。

そこでのランチは$6でこの通り↓ (これって物価の高いシドニーではすごいこと♪)

greencurry.jpg
タイ料理といえばグリーンカレー☆

padthai.jpg
そしてこれも外せない! パッド・タイ

pad see yew
パッド・シーユーといって太いお米の麺で出来てます

chilli basil
個人的にマイ・フェーバリットのチリ・バジル

このボリュームで6ドルなんですよ?。

ちなみにこのお店はここ。マイバースデーパーティーもここでしました☆

Newtown Thai II
Newtown NSW 2042
Phone (02) 9519 1197

ページトップへ コメント0
美味しい食べ物編 その1
2008-06-16-Mon  CATEGORY: ♪Food♪
今日はなんと7人でいっぺんにスカイプでお話をした。1対1以外でスカイプするのは初めて☆
途中で誰かが脱落したり、声が途切れとぎれだったり、マイクがハオッたりしたけど、すごく楽しかった!笑いすぎてお腹が痛くなりました。

さて、今週は今まで貯めてきた食べもののフォトをご紹介。
私が作ったものから、友達が作ったもの、レストランのものなど沢山ご用意しました。(笑)

一番手はナント言っても初めて作った「パイ・キノコ・スープ!!!!!!」
パイ生地から手作りしましたよ♪

スープの中には

エノキ
エリンギ
玉ねぎ
スープの素
生クリーム
牛乳
白ワイン
塩&コショウ を入れて

それをスープの器にいれてその上をパイ生地で覆います!

piesoup1.jpg


そして・・・
200度に暖めたオーブンの中へ!
piesoup2.jpg


piesoup3.jpg


そして中身は・・・!
piesoup4.jpg


美味しかったーーーー。家族5人で食べましたがみんな幸せそうな顔をして食べてました。
心も体も暖まったよ☆☆
ページトップへ コメント0
神さまの言葉
2008-06-15-Sun  CATEGORY: 未分類
今日は今年1番寒いのでは?と思うほど冷え込みましたが礼拝は サ」ホットサ」でしたよ!!!

今日のメッセージはシンプルだけどすごく大切なこと・・・神さまの言葉の力についてでした。

「神のことばの力」 (2008年6月15日)

ことばには力がある。自分の言葉・周りの人が言う言葉にも力がある。
でも神さまのことばには何よりも大きい力がある。
どんな力があるか?

1) 神さまの言葉は必ず起こる。

「わたしの口から出るわたしのことばも、むなしく、わたしのところに帰っては来ない。必ず、わたしの望む事を成し遂げ、わたしの言い送った事を成功させる。」イザヤ55:11 

神さまの言葉は、必ず実現する。たまに実現する人間の言葉とは、まったく違う。

2) 無いものを生む力がある
創世記には無からすべてを創り出したストーリーが書かれている。
神さまが言葉で言った通りのことが創り出された。
神さまは、「無いものをあるもののように呼んで(ローマ4:17)」、実際につくってしまう。

3) 奇跡を起こす力がある
良く小さい時に聞いた「ちちんぷいぷい痛いの痛いの飛んで行け・・・」
そんな言葉では、何も実現しないけど、神さまの言葉は奇跡を起こす。

しか?し!!
こんなにパワフルな神さまの言葉でも、力が発揮されないときもある。

力が発揮されないとき
その1) 人の言葉の方が大きくなるとき

イエス様のメッセージを聞き、奇跡を見た多くの人々は驚いて言った。

「この人は、こういうことをどこから得たのでしょう。 この人はただの大工ではありませんか。マリヤの子で、ヤコブ、ヨセフ、ユダ、シモンの兄弟ではありませんか。その妹たちも、私たちとここに住んでいるではありませんか。」こうして彼らはイエスにつまずいた。マルコ 6:1-4

人々はイエスについて、「こいつはただの大工だ」とか
「こいつがどこに住んでるか知っているし、母親や兄弟も良く知っている。彼にこんなことができるはずがない!」このように言い始めた人がいた。それを聞いて、「その通りだ」と思った人がいた。「その通りだ」と思った瞬間、つまずいた。

いろんな人がいろんなことを言う。
「そんなこと起こるわけがない。」
「状況が改善されるわけがない。」
「私もやってみたけどだめだった。」

人は、誰かの言葉を必ず信じる。他人、自分、神さま。
どんなにもっともだと思う言葉でも、神さまの言葉と一致していなければ、ウソ。


その2) 過去にとらわれるとき 

彼らは、イエスの過去にとらわれた。「あいつのこと知ってるけど、何もしてなかった。」、「ただの大工じゃねぇか」、「別に大した奴ではなかった」

そんなことは関係ない。過去から学ぶことは大切。でも、過去に何があったかよりも、イエスの言葉の方が、力がある。

その3) 状況に目をとらわれるとき 

その4) 長引いて諦めてしまうとき 力が発揮されないとき


「わたしの口から出るわたしのことばも、むなしく、わたしのところに帰っては来ない。必ず、わたしの望む事を成し遂げ、わたしの言い送った事を成功させる。」イザヤ55:11 

この言葉は、実現する。
神さまの言葉は必ず起こる。どんな状況でも希望を持って、それを信じる教会になろう。

ページトップへ コメント2
パスター・ブライアンのブログ
2008-06-14-Sat  CATEGORY: Hillsong Church
どうやらパスター・ブライアンがブログを始めたみたいです☆
一度目の書き込みがアップされてます!このブログの左側(たまに一番下にいっている)リンクから
ジャンプできます。

彼のブログにもありますが、今年でヒルソング・チャーチは25周年を迎えます☆
そういえば私たちが来た年に20周年記念のパーティーをしました。
あれからもう5年もたつんだなぁ・・・。

25年たった今も超ホットなチャーチです!

私たちがシドニーに発つ前にある方に
「ヒルソングに行くんだ?。今が旬の教会だね。今のうちに行っておいたほうがいいね!」と言われました。

こっちに来て分かったんですが、ヒルソングは常に進化しています。成長しているのは、「旬」だからじゃなくて神さまの祝福を本当に大切に、価値を置いているからです。教会が健康になるためには、教会が成長し続けるためにはどんな代償もいとわない・・・という人がたっくさんいるチャーチだからです。

スタッフ・ミーティングでは常に神さまがしてくれることに期待するように、神様と自分の個人的な関係を親密に持つように、神様の祝福に慣れてしまわないようにメッセージがあります。

みんないつも真剣で、一生懸命で、情熱に溢れていて、キラキラ輝いてます。笑いもいたずらも(!)絶えません。

パスターブライアンがいつも言う「the best is yet to come」(素晴らしいことはまだまだこれから!)という言葉通りにこれからもずっとずっと成長し続けて、人にインパクトを与え続けることが出来るチャーチです。


                 2.png
ページトップへ コメント0
Pastor Brian
2008-06-13-Fri  CATEGORY: Hillsong Church
5年前にヒルソングに来るまでわたしはパスター・ブライアンの存在を知りませんでした。
ヒルソングのスタッフで名前と顔を知っていたのはダーリーンだけ!(CDのジャケットにのっていたから)もちろんパスター・ボビーも知りませんでしたよ!

オーストラリアに来たと同時にヒルソングのリーダーシップ・カレッジの学生になったのでそれからはカレッジのチャペルで話を聞いたり、週末の礼拝でメッセージを聞いたりとパスター・ブライアンを前よりはちょっとだけ知るようになりました。

でも2万人の教会の主任牧師なので1対1で話す機会なんて皆無で、その時の私にとっては「パワフルで情熱に満ちた素晴らしい牧師」といった存在でした。

パスター・ブライアンのことをもっと身近に感じられるようになったのはごくごく最近のこと。
わたしは結局カレッジで3年の学びをすることになって、3年生はインターンとして教会のスタッフ扱いのようになるんです。ヒルソングのスタッフは毎週火曜の朝にミーティングがあるのですがそのミーティングに3年生として参加するようになってから。

パスターブライアンがスタッフに対してするメッセージがあまりにも良くて、すっごく圧倒されました。また彼が心の内を正直に・ストレートにスタッフに話す態度、そしてスタッフを正面から堂々とチャレンジするスピリットが強烈で大ファンになりました!

きっとその時はカレッジ3年生としていろんな面で成長して、彼が話していることの内容を本当に理解出来るようになっていたからかもしれません。プラス、自分もチームのリーダーをしていた時だったので彼が話している内容が自分の状況と重なってすごく励まされたり、おしりを叩かれたりしたからかなぁ・・・。

5年経った今は、パスター・ブライアンは本当にわたしのリーダーであり、ヒーローであり、メンターであり、インスピレーションで、霊的なお父さんみたいな存在です。

低くてカミナリのような声もすごくステキだし、「この聖書箇所からこんなメッセージが出来るのか!」っていう驚きのクリエイティブさも大好き。また力強いリーダーとして私たちを引っ張っていってくれるから心強い!

でもなんといってもパスター・ブライアンが大好きな理由ナンバーワンは・・・・彼がお茶目で人間らしい所です☆

飾ったり、偉そうに振舞ったりすることが全く無く、メッセージするためにステージに上ったとき派手にこけたり(わざとではない、爆)、ステージのスクリーンに自分の頭が写って「オレ、こんなに薄かったっけ???」と思わずマイクで言ってしまうこととか(笑)、チョコレートを食べ始めると止まらなくなることだったり、(かなり甘党です!)こんな話もしてくれたことがあります。

まだ彼が若いときどこかの教会のゲストとして呼ばれて、ホテルではなくその教会の誰かのお家に泊まった時の話。朝、シャワーに1番手で入るため早く起きて上機嫌でシャワーを浴びたあとタオルを自分の部屋に忘れてきたことに気付き「このまま(素っ裸で!)走って部屋まで戻ろう」と思ったそう。そしてダッシュで部屋に戻る途中、隣の部屋のドアがちょっと開いたのを見て
「やべっ!どうしよう、自分の部屋までこのまま走るか、それともシャワーに戻ろうか!?」と選択に迫られ、シャワーに戻ることにしたんだけど、その途中につるっとすべって転んでしまった・・・。そしてパスター・ブライアンは隣の部屋の開きかかったドアがそーっと閉じるのを見たそうです。(激笑)

あんなにカッコイイのに、あんなにダンディなのに、あんなにスマートなのに・・・実はお茶目さんです。

こんな恥ずかしいストーリーをメッセージの中で話して皆を呆然とさせた後に素晴らしくメッセージをまとめ、アルターコールをした後には何十人もクリスチャンになる決心をする人たちがいるんです!!!すごすぎです!
ページトップへ コメント0
Sleeping♪
2008-06-09-Mon  CATEGORY: ダイアリー
今日はとっても体に必要なお休みの日でした!
朝(昼です・・・)12時に起きて、パンケーキを作って食べた後、午後4時までまた爆睡!

こんなことしたのは、何年ぶりだろう?(ちょっと大げさか・・・)
本当によ?く寝て、気分爽快!

おまけに昨日の夜は家にあるゴージャスなジェットバス(大きくてお湯を貯めるのに時間がかかるので
あまり使われていませんが)にボディ・ショップで買ったすんごい良い香りのするバブルバス(お風呂が泡でいっぱいになるやつ)を贅沢に使って超プリンセスバスに入りました!

シドニーは現在 「初冬」です。だから朝&晩はとっても寒?い!
お風呂がとっても恋しい時期なんです。

というわけで、超ゴージャス・プリンセス・バスでゆっくりして 月曜日はほぼ1日半寝て過ごしたのでした!!!!
こういう休日実はあんまり好きじゃないけど、体には感謝されたような気がします。
お肌にも感謝されているような気もします。

火曜日からまた新しい1週間頑張るぞ☆
今週はどんな奇跡と祝福が待っているでしょうか!?!?
ページトップへ コメント0
コンパッション その2 -アフリカの国々について
2008-06-06-Fri  CATEGORY: ダイアリー
今日はちょっと政治ネタが入ってます!

昨日はコンパッションのことについて書きはじめてましたよね。

私たちのチャーチはコンパッションという団体ともパートナーシップを組んでいて何年か前に大きなプロジェクトをしました。

それは何かというと・・・

教会全体でウガンダのある村にいる恵まれない子供全員を里子にしよう!というもの。

コンパッションに登録している子供たちは世界中にいて、スポンサーの希望でエチオピア・ペルー・中国・モンゴル・アフリカ諸国のどの国の子供でもスポンサーできるんだけど
ウガンダのひとつの村の子供全員をスポンサー出来たら、その村が変わるんじゃないか?
もっと良い影響を受けることが出来るんじゃないか?ということで。

ワトトビレッジをはじめたギャリースキナー牧師は
「先進国に住んでいる人全員が最低でもひとりスポンサーをするということは
先進国に住んでいる人たちの義務だ」と言っていました。

カレッジで植民地化についての授業があったとき、経済的や政治的に発展していた西洋の国が
資源のたくさんある発展途上国をどんどん植民地化していったことを学びました。

アフリカの国はリベリアとエチオピアをのぞく全ての国がヨーロッパの9つの国の植民地にされました。

ColonialAfrica.png


植民地化した国はアフリカの国々の資源を自分のものにしたり、アフリカ人を奴隷として使ったり、工場をアフリカに建てて本国の発展のため利己的に使ったりとひどいことをしてきました。
それだけじゃなくて他のヨーロッパの国同士が植民地を拡大させるため、アフリカの領地争い(もともと彼らのものじゃない!)したりとメチャクチャになっていきました。

こうしてヨーロッパ諸国によるアフリカ分割が行われ、西アフリカの小王国が滅ぼされた後、国境線が民族や宗教に関係なく勝手に引かれたため、後の民族紛争の原因ともなったんです。
1960年のいわゆる「アフリカの年」ごろからヨーロッパの植民地から次々に独立国が誕生し、独裁政治の発生や内戦などの問題をかかえつつ今日に至っています。

アフリカには政治情勢が不安定なところが多く、欧州などに比べると遙かに治安が悪い地区が多いそうです。かつての植民地支配の影響などもあり、また、独立後に出来た独裁政権などの残した爪痕が今でも色濃く残っているため至る所で内戦が勃発しています。

アフリカでは貧困・エイズが蔓延しているため平均寿命が先進国よりもずっと短く国家予算の半分以上をエイズ撲滅のために費やしている国もあります。
またこういった背景があるので教育が未発達なところも多く、就学率がとても低いそうです。

こういうことも踏まえてギャリー牧師が
「先進国に住んでいる人全員が最低でもひとりスポンサーをするということは
わたしたちの義務だ」と言ったのかもしれません。

月々たった4000円で子供が一人スポンサー出来ます。
その子の人生が変わります。
その子は飢えることもなく、学校に行けないと言うこともなく、病気なのに病院にも、薬ももらえない・・・ということもありません。
その子に希望と将来を与えます☆(エレミヤ29:11)

4000円って多分ランチを3回ぐらい我慢してお弁当にしたら出来る金額。
飲み会を一回パスしたら出きる金額。
映画を1回みないで、家でDVDにしたらOKな金額!

4000円は使おうと思えばすぐ飛んでいってしまいます。
電車に乗って、ご飯食べて、雑誌買って、飲み物買ったら多分終わり。
でも、その同じ4000円で人の命を救うことも出来ます!→これ、プライスレスです。(笑)                                    18869_priceless_logo.gif
別にマスターカードのプロモしてるわけではない!


聖書にもあるように、私たちの神さまは無いところから搾り取る神ではなく
私たちの手の中にあるものから、捧げるようにさせてくれます。そして私たちの手の中にあるものがたいしたものではなかったとしても、その小さい捧げ物を神さまは大きな宝に変えてくれます!

compassion_campaign_01.jpg


コンパッションについてもっと知りたい方はこちらへ。

ワトトビレッジをサポートしてみたい方はこちらへ。

   Link_Sponsor.jpg        Link_SponsorBaby.jpg
ページトップへ コメント0
Compassion
2008-06-05-Thu  CATEGORY: ダイアリー
コンパッションというクリスチャンの団体があります。

compassion_campaign_01.jpg

恵まれない国々の子供たちの里親になってその子供たちに食料、医療、教育をスポンサーするというものです。ワールドビジョンという団体もありますね。それと似ていますが違う所は・・・

?キリスト教中心であること
?子供に焦点をあてていること
?教会がベースになっていること です。

先月ワトト・チルドレン・クワイヤーが初来日しました。彼らの日本語のHPも立ち上がったみたいですね☆

5月21-23に行なわれたジーザス・ライフハウス・カンファレンスでもワトト・チルドレン・クワイヤーが
ゲストとして来て、その様子はいずみちゃんのブログでとっても良く書いてあります!
ワトトについてのいずみちゃんのブログエントリーその?
その?

このクワイヤーがなぜ世界中の人が大騒ぎするぐらいすごいかというと・・・
彼らは全員孤児なんです。両親を内戦やエイズで亡くした子供たちなんです。
東アフリカのウガンダにはそんな孤児が200万人近くいると言われています。
(ちなみに横浜市の人口は360万人なので横浜市のだいたい半分の人口と同じ数の孤児がウガンダにいる計算になります)

悲惨な体験をしている子供たちをどうにか助けようと立ち上がったのがカナダ人の、マリリン&ギャリー・スキナー牧師夫妻でした。彼らはそういった孤児たちを引き取って村を作っていきました。
welcome_photo.jpg


そして彼らは孤児たちの親代わりとなってワトトビレッジで食事や安全なお家、教育を提供したんです。そして悲しみに暮れている子供たちにイエス様のことを伝え、聖書のいっている愛と希望のメッセージを伝えていきました。

ビレッジでは同じく内戦やエイズで夫や家族を失った未亡人女性の人をもケアしていて、そういった女性に5-6人の孤児の「お母さん」になってもらって一緒に暮らすという画期的なことをしています。
villageview-2.png
ビレッジの写真

ビレッジでケアされ、元気と希望を取り戻した子供たちは教育の一環でもあるクワイヤーの一員になって歌と踊りを学びます。彼らの歌・踊りは、自分たちを地獄のような状況から助けてくれたイエス様に感謝の気持ちを表しているもので、ほとんどがゴスペルです。

ヒルソングチャーチはマリリン&ギャリー・スキナー牧師夫妻とパートナーシップを組んで
彼らのミッションを一緒にサポートしています。
だからワトト・チルドレンズ・クワイヤーが良くヒルソングに来ます。何度見ても本当に心底感動します。両親、親戚を失くすという絶望を体験しているにもかかわらず、彼らのいきいきしている姿、楽しんで踊り、歌っているすがたを見ると、勇気がもらえます!

次回に続く
ページトップへ コメント0
山が動いた後は
2008-06-02-Mon  CATEGORY: ダイアリー
6月一番最初の日は私が生まれた日。
そしてたまたま日曜日だったので沢山の人にお祝いしてもらいました。ありがとう☆

しかし、誕生日を迎える最後のさいごまでチャレンジに直面してアップアップでした。
前回のブログでも書いたとおり、先週の日曜日は初めて夫が不在の礼拝を持ち急に不安になったり、ぎりぎりまでメッセージが出来なかったりと、いろいろありました。

でも今考えてみると彼がいなかったことで私のsecurityが無くなり、頼りに出来る人がいなくなるとどれだけ大変か思い知らされたし、もっと感謝できるようになったので良かったです。


日本で充実した時を過ごした涼くんは5月31日無事帰国。
早朝に到着したので、久しぶりにそのまま朝ごはんを一緒に食べに行きました。

corellis.jpg
ニュータウンという所にあるおしゃれなカフェ

Latte.jpg
涼くんはオーストラリアのラッテに慣れてしまって日本のでは物足りないのだそう

chaitea.jpg
このお店でブレンドしているチャイ・ティー

pancake_20080602155552.jpg
ラズベリーとブルーベリーがいっぱいのリコッタ・ホットケーキ

彼が日本にいる間 毎日電話で話せたわけではないので たまっていた話をしました。
彼と付き合っている時から 私たちはいろんな事を良く話すカップルだと思っていたけど これって素晴らしいことだと思う。彼と1日話せないと、話すことがたまって大変なのです。

日本で歴史的なカンファレンスに参加できたことや(詳しくはいずみちゃんのブログで!)

久しぶりにお父さん、お母さんに会えたこと。

こっちで仲良かった友達と会えて話せたこと。

日本にいて感じたことなど・・・。

そして彼が帰ってきて次の日は日曜。チャーチ+マイ・バースデーでした。
夜の礼拝が終わってから ニュータウンにあるタイ料理へ!

family.jpg
みんなありがとう☆

6月生まれの人は私以外にも2人いたから3人のお祝いに!
rika ryo me
Rちゃんとわたしたち

thai.jpg
15皿並びました!

ryo me
プレゼントもありがとう☆

みんなからプレゼントとカードをもらったよ。
特に嬉しかったのはカード。このほかに涼くんのお母さんや、私の日本の家族からもカードをもらったけどその内容が本当に暖かくて涙しました・・・!

頑張った後は神さまがご褒美を用意していてくれたような気がしました。
締めくくりはこの動画でどうぞ!15人が奏でる不協和音をお楽しみ下さい♪

  

★☆♪☆♪★押してくれると嬉しいな?★☆♪☆♪★
↓      ↓     ↓    ↓     ↓
           にほんブログ村 哲学ブログ キリスト教・クリスチャンへ
ページトップへ コメント6
<< 2008/06 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


余白 Copyright © 2005 ♡LOVE GOD LOVE PEOPLE LOVE LIFE♡. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。