オーストラリア、シドニーでの『ライフ』をブログに。
♡LOVE GOD LOVE PEOPLE LOVE LIFE♡
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
秋の夜長に・・・
2008-05-02-Fri  CATEGORY: ダイアリー
2008年も5月に突入!
シドニーはだんだん寒くなってきました。スノーイーマウンテンではスキーもできるらしいです。
今年は冷夏だったし、冬も早めにやってきそうです。

そんな秋の夜長には・・・

「お料理!」

聖書を読む、とか
祈りを捧げる、とか
カッコいいことを言いたい所ですが(そしてこれはこれでしているのですが)

お料理をしているのが一番幸せ☆
お掃除をするのも悪くないし、洗濯物をするのもキライじゃない。
家事が結構好きだったりします。
その中でもお料理をするのは義務ではなく、趣味です!(今のところはね)

今日は生徒のお家でお母さんからカレーパフを頂きました。
その一家はマレーシア系オージー。カレーパフはマレーシア名物なんだそうです。

仕事の帰りにスーパーに寄ってパイ生地を買おうと思って栄養成分を見たら
マーガリンと書いてあった・・・。ショック。
マーガリンが入っているということは、トランス酸が入っているということ。
確かに市販のパイ生地にバターだけを使うことを期待してはいけないですね。

というわけで、手作りすることに。
初めての試みです。何度かアメリカでホストマザーが作るのを見てましたが自分では試したことはなく、今日が初めて。

複雑なレシピは性格上無理なので、フードプロセッサーを使った生地つくり。
オーストラリアに来て買った電化製品の中で一番重宝しているのが、これ。
フードプロセッサーとミキサーが一緒になってるもの。

薄力粉 150g
冷凍バター80g 生地を作る寸前に1cm角に切っておく
砂糖(粉はちみつで代用)大さじ1
塩2g
冷水(氷を入れたお水)50cc

冷水以外をプロセッサーに入れて混ぜる。混ざったら2?3回に分けてお水を入れる。
(プロセッサーを回しながら。)そうすると勝手にひとつにまとまる。
それをラップに包み冷蔵庫で1時間寝かせる。

カレーパフの中身
ジャガイモ小 5個 またはジャガイモ中2個 小さく切る
玉ねぎ 半分 (1cmぐらいの角に切る)
ズッキーニ 半分 みじん切り
お好みでひき肉 50g
ココナッツミルク 大さじ5
砂糖(粉はちみつで代用) 大さじ1
カレー粉 大さじ1
カレールー 1ブロック (削る)
お水 50ml

フライパンに玉ねぎを炒めます。ズッキーニも一緒に炒めます。さらにひき肉を合わせていためます。
ジャガイモはレンジにかけてあらかじめ柔らかくしておくと早い。
玉ねぎ、ひき肉にポテトをいれて炒めます。カレー粉をふります。
砂糖をいれます。ココナッツミルクをいれます。そしてお水を入れてカレールーを入れて
煮ます。具が柔らかくなればOK。

寝かせておいた生地を出してきて8等分し、棒でのばします。
そして具を入れて包み、200度のオーブンで15分焼きます。

とっても美味しいカレーパフの出来あがり☆


59193_kambrook_deluxe_kfp90.jpg
スポンサーサイト
ページトップへ コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005 ♡LOVE GOD LOVE PEOPLE LOVE LIFE♡. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。