オーストラリア、シドニーでの『ライフ』をブログに。
♡LOVE GOD LOVE PEOPLE LOVE LIFE♡
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
自分の手の中にあるもの
2008-10-24-Fri  CATEGORY: ダイアリー
モーセが神さまから「イスラエルの民をエジプトから救い出しなさい」と命令されたとき
モーセは「一体どうやってそんなことが出来るんですか!?」としり込みした。

神はモーセに聞かれた。「あなたの手にあるそれは何か?」
モーセは答えた。「杖です。」
---------------------------------------------------

そのときモーセは杖を握っていたんですね。そこで神さまは、特別な能力やカリスマで
民を導くのではなく、モーセが握っていた「杖」を使って導きなさいといったわけです。

よく私たちは「自分のコーリング(与えられた責任)は何だろう?」って悩みます。
自分は歌が上手いし、歌うことが大好きだけど、イエス様に従うっていうことは
自分が好きで上手な音楽を手放して付いて行くっていうことじゃないだろうか?

自分はプロのアスリートとしてやっていける才能があるし、訓練を受ける機会も与えられている。でもクリスチャンになったらそれを神さまに捧げて、牧師になるべきじゃないだろうか?

私たちのチャーチのシニア・パスター、ブライアン・ヒューストンは彼の本の中でこう言ってます。

「どういう分野で自分が長けているか、才能があるか自分を探ってみてください。自分が自分らしくいられる、自分が自然に出来ることは何だろう?それがあなたのコーリングです。」

たくさんの人が神さまに従う=自分の能力、才能、賜物を捧げる(ギブアップする)と思いがちですが
パスター・ブライアンは言います。
「私たちに神さまが与えてくれた才能、能力、賜物をギブアップする権利はない!」

神さまの不思議?な、でもパワフルな導きでパスターになってからもうすぐ1年。
全てが新しくて、慣れないといけないことや鍛えられないといけないこと盛りだくさんでした。
その中で自分に与えられたギフトを見失いそうに何度もなりました。

でもやっぱりヴァイオリンを弾いていない私は私じゃないっ!!
自分の手の中にあることを訓練、使っていないときのわたしは100%私じゃないことに気づきました。

だからもっともっとずっと一生弾いていきます。
おばあちゃんになっても☆
だってこれは神さまがわたしにくれた大切なギフトだから。
神さまを心から愛して止まないヴァイオリン弾きが世界にはもっと必要だ?。
パスターをしているヴァイオリン弾きがいたって神さまは全然OK!!おんぷオンプO1オンプB2おんぷオンプO1オンプB2
スポンサーサイト
ページトップへ コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントまなみ | URL | 2008-10-24-Fri 13:06 [EDIT]
そうですよ~!!ヴァイオリンを弾いているさやかさんは 本当に素敵v-20恵美や恵理は ヴァイオリニストでもある 我らのパスターさやかさんにぞっこんLOVEv-238(あっつ・・・年齢バレバレの死語使ってしまった)いつまでも ヴァイオリンを左手に聖書を右手に 私達を引っ張っていって下さいネv-218
コメントSayaka | URL | 2008-10-24-Fri 13:59 [EDIT]
>まなみさん
いつも暖かいお言葉をありがとうございます。
まなみさんファミリーの応援には本当にいつも力づけられてます。
これからもどうぞよろしく☆
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ♡LOVE GOD LOVE PEOPLE LOVE LIFE♡. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。