オーストラリア、シドニーでの『ライフ』をブログに。
♡LOVE GOD LOVE PEOPLE LOVE LIFE♡
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
アップロードファイルまたまたアップを怠っていました。絵文字名を入力してください

知らないうちにブログ機能がどんどん良くなってます。かわいい絵文字も
もっといれられるようになりました。ハート (でもちょっとメンドクサイ)

さて じゃぱさのワーシップチームは
「ただ楽器が弾けるバンド」にならないためにも
リーダーシップのお勉強をはじめました。
使う本は 360°リーダー by ジョン・マックスウェル

360degree


この本は大きく分けて6つのセクションからなりたっていて

その1 リーダーシップについてのカン違い(勝手に訳した)
その2 リーダーシップのチャレンジ
その3 リーダーシップの法則?上のリーダーに影響を与える
その4 リーダーシップの法則?同じレベルのリーダーに影響を与える
その5 リーダーシップの法則?下のリーダーに影響を与える
その6 リーダーシップの価値

先週はその1 についてのお話。
2人がまとめをしてシェアしてくれました。
持ち時間が1人5分なんだけど、2人ともすごく情熱を持って語ってくれたし、ちゃんと用意してまとめて5分以内に収めていたので とっても感心!グッド

簡単にまとめると

多くの人は、効果的にリーダーシップをとるためには、地位や役職(タイトル)が必要だと思っています。それは、全くの間違い。
リーダーになることは、単に「影響力を発揮する人」になるということだからです。

リーダーシップには、5つのレベルがあります。
地位(Position):人は、従わなければならないからあなたに従います。
関係(Relationships):人は、従いたいからあなたに従います。
生産(Production):人は、あなたが組織にしたことを見て、あなたに従います。
再生産(Reproduction - 私たちが目指さなければならないレベル):人は、あなたがその人にしてくれたことを見て、あなたに従います。
尊敬(Respect): 人は、あなたの人間性やあなたが映し出すものを見て、あなたに従います(例えば、ブライアン・ダーリーン)

問題は、自分の考え方です。すごいことをするためにはあの地位にいなければならないと考えるか、今自分の手の中にあるものから始めようと考えるか。どこにいようと、私たちは影響を及ぼすことができます。人は、あなたのことを見ているものです。

僕自身も、大きな葛藤(かっとう)がありました。僕は、あまりリーダーシップをとりたいと思わなかった(それは、失敗が恐かったから・・・)。でも、今は、自分には影響力があるから自分がリーダーである、ということが徐々に分かってきました。自分自身に対して、家族に対して、友だち、職場の同僚、教会の人たちに対して・・・望もうと望むまいと、僕には影響力があるんです!

問題は、自分自身に地位があるかどうかではなく、自分が他の人の人生にどのような影響力を発揮するのか、ということです。プラスのもの、それともマイナスのもの?これこそ、私たちに与えられた、たった一つの、そして、とても力のある選択なのです。僕は、神さまが計画したとおりの人生を他の人が歩めるよう助けたいし、他の人に模範を示したい。これは、実践的には、次のようなことを意味していると思う: (御言葉や祈りの生活を通して・・・)神さまと親密な関係を持つこと、楽器を練習すること、ステージ上だけでなく個人的な時間においても神さまを賛美すること、さまざまな点でバンドが向上できるように貢献すること、良かったこと・改善が必要なことを伝えること(チャートをもっと良く覚えて、もっと正確に引くこと)、必要なときにいつでもそこにいること・・・僕はまだまだ旅の途中にいて、どうしたらプラスの影響力を発揮できるのか学んでいかないといけない。

繰り返しになりますが、私たちはみなリーダーであり、リーダーとしての責任を担っています。問題は:「自分は、プラスの影響力を発揮したいか、それともマイナスの影響力を発揮したいか?」です。

----------------------------------------------------------
アップロードファイル素晴らしい!!!次はもう一つのまとめ

「いつか重要なポジションについたら、リーダーとしての自覚が持てるだろう・・・」というカン違いについて


リーダーシップはポジション(地位)が与えられたときに始まるものではないんです!効果的なリーダーシップは長い時間をかけて育まれるもので、プロセスです。

リーダーとして偉大なことをしていくためには、許容力(キャパ)を広げることが必要。でもその前に、小さなことにも忠実でなければいけないよね。最善を尽くして自分に与えられていることをしよう!

高くて強い建物をたてるにはそれを支える強力な地盤が必要。
間違いをおかすことを恐れたり、訓練中にリスクをとらないでいてはダメ。

小さなポジションでおかす間違いは簡単にゆるされるけれど、ポジションが高くなればそれだけ間違いによる結果も重大になる。だから自分のいる場所でリスクを取っていくことが大切。

偉大なリーダーになることを願っているならば自分の考え方を変えていく必要がある。また偉大なリーダーになるためのくせをつける必要がある。偉大なリーダーになるということはまず、ポジションをもらう前にリーダーと自覚して行動していくということ。

だからジャパサはとっても良いトレーニングの場所なのだ。

--------------------------------------------------------------

この後にディスカッションが続きました。
みんな、さすがヒルソングチャーチでリーダーシップを
叩き込まれているだけあって
交わされるディスカッションも内容が濃かったです
スポンサーサイト
ページトップへ コメント3
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント | URL | 2007-05-23-Wed 21:39 [EDIT]
ほぉv-237
こんな感じになったのかぁv-20
お見事。プラスさやちゃんが、アップしてくれるから、わかりやすくていいのだ☆
続きは、また今度みますv-22
コメントSayaka | URL | 2007-05-24-Thu 17:09 [EDIT]
これはみくちゃんだな?
名前がなかったからちょっと??と思ったけど☆
練習に来れない時はブログでキャッチアップしてね♡
コメントmiku | URL | 2007-05-27-Sun 12:38 [EDIT]
そうだぁ!!
よくわかったね。
みくも、今みて、これは、自分が書いたんだよね?って、疑っちゃったwww
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 ♡LOVE GOD LOVE PEOPLE LOVE LIFE♡. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。