オーストラリア、シドニーでの『ライフ』をブログに。
♡LOVE GOD LOVE PEOPLE LOVE LIFE♡
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
世界のひかり
2007-11-12-Mon  CATEGORY: メッセージ
またまたブログさぼり気味です。
でもガンバリます!

今日は先週のジャパサ(2007年11月4日)でのメッセージのポイントを載せたいと思いまーす。

マタイ5章14節から16節
リビングバイブル
「あなたがたは世の光です。岡の上にある町は夜になると灯がともり、誰にも良く見えるようになります。
あなたがたの光を隠してはいけません。全ての人のために輝かせなさい。
誰にも見えるように、あなたがたの良い行ないを輝かせなさい。そうすれば、人々がそれを見て、天におられるあなた方の父をほめたたえるようになるのです。」

ここでイエス様は「私たちが世の中の光キラだと言っている。いや、言い切っている。
「○○をしたらひかりになれるよ」とか
「こんなことを達成したら、光になることが出来るよ」という預言じゃない。
もう完了しているかのようにイエス様は弟子たちにいった。

イエス様の弟子たちはごく普通の人たちだった。(もしかしたら普通以下?)イエス様がいろいろなたとえ話を用いて聖書の真理を語っても、ほとんどの場合において、彼らは察しが悪いというか、頭が鈍かった。

このマタイの箇所も弟子たちにとっては、「??????」だらけだったかもしれない。
「は?わたしたちが、世の光?」
「どうしてそんなことがイエス様に言えるんだろう?」 
「私がどんな人間か知ってるんだろうか?」
「学校でどんな成績をとっていたか知ってるんだろうか?」
「今までどんな人生を歩んできたか知っているのだろうか?」

こういう風にイエス様は私たちには到底思い得ないこと・想像さえできないことを語ってくる。
でも、神様の言葉は一言でさえ、私たちの人生を大きく変える力を持っている。
それは神様の言葉が真理だからです。

神様が私たちに投げかける言葉には力がある。
目的がある。
私たちの中にあるとは思えない可能性を 呼び覚ます!!

神様は何も無い所に言葉を与えて偉大なものを生み出すことが出来る。
貧乏で、弱くて、セルフイメージがかなり悪かったギデオンに「チャンピオン!」と語りかけて
実際に全くの負け犬だった彼をチャンピオンに大変身させた。

神様は言葉でこの世界を創った方。
その言葉には 絶大な力がある。神様は砂漠に泉をわきあがらせ荒野に川を流すことができる。

ポイント?;神様の言葉には力があることを知る&そしてそれを心を開いて受け取る

イエス様には弟子たちが世の中の光になるという確信があった。
弟子たちがイエス様の十字架という試練を乗り越え、復活という奇跡を見て、
迫害を受けながらもイエス様の教えたことを世界に伝えていくということをビジョンで見ていた。

イエス様は自分が世の光だから、私が世界に輝くから心配しないでと言ったのではなく 
「わたしの光を知った あなたがたが世の光。あなたが世界を変えていくんだよ」 
「あなたを使って、あなたを通して世の中が照らされていくんだよ」と言った。


ポイント?神様は私たちを世界に輝く光として計画を持っていろんな場所においてくれる。

光は暗いところで本来の力を発揮する。
太陽がなかったらいつも夜。夜景も暗いところで光が輝いているからきれい。

あなたの周りに暗やみがある?
生きる目的や意味を探している友達、希望を失った知り合い、失望の中を生きているひと。悩んでいなくても神様を知らなければその人には光がない。私も神様に出会う前は暗やみにいた。でも沢山の人がわたしの周りで輝いていた。光に導いてくれた。
神様は私たちを世界に輝く光として計画を持っていろんな場所においてくれる。

1)例えば、教会がなかなか成長しないと言われている日本。
その1番大きい都市東京に、あるオージーの牧師夫妻が送られ、彼らがはじめた
ジーザス・ライフ・チャーチは5年で500人以上の教会に成長して、来年から大阪でも
教会を始める。東京で沢山のひとの光として力強く輝き続けている。

2)来年南アフリカのケープタウンという街で 今までヒルソングの牧師をしていたフィル・ドゥーリーがヒルソング・アフリカを立てるために送られる。
ヒルソングのシニアパスターであるブライアンは
「アフリカにはたくさん神様を求めている・必要としている人たちがいるから、シドニーのヒルソングよりも大きくなるだろう」と言った。

3)ウガンダ(スキナー牧師夫妻)
エイズで両親を亡くした孤児たちに神様を伝えたい、お家を与えたい、夢を与えたい。そういったヴィジョンと共にウガンダで孤児院をはじめた。すでに何千人の子供達に影響を与えている。

そしてこれを読んでいるみなさんも!神様はたくさんの人の光として用いてくれる。

どこでも神様は光として用いてくれる。
例えば学校、職場、銀行、電車の中、あなたが住んでいるユニット。神様は暗やみがあるところに私たちを置いてくれる。神様は私たちの人間関係を用いて神様へと導いてくれることが多い。周りにいる人のお手本として、神様から受けた愛と希望によって輝くことができる。

ポイント?神様が私たちを輝かせてくれることを知る

ある人は 「あなた方は世の光である。あなたの光を人々の前で輝かせなさい。」と言われたら 「よし、頑張ろう!」とか
「うわープレッシャー。」と思うかもしれない。

クリスチャンにだってへこむ事もある。病気にもなる時もある。失敗もします。けんかもする。人間だから!

それでも神様は余裕で 私たちを光としてくれる。
イエス様が心の中にいて、いつも希望をくれるからどんな風が吹いてきて
光を消そうとしても、いつでも消えることなく輝くことができる。私たちがスゴイから世の光になるんじゃなくて私たちの中にいるイエス様が素晴らしいから私たちは輝くことができる。
世の光として輝こうと頑張らなくて、プレッシャーに感じなくていい。あなたの中にいるイエス様が輝いてくれるから。
スポンサーサイト
ページトップへ コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 ♡LOVE GOD LOVE PEOPLE LOVE LIFE♡. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。